ふんわりタッチが好きになりました

血液循環の専門医が教える、たった5分の血液アップ健康法
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=140&from=diary&id=4681760

ツボ押し健康法はよく紹介されます。

確かにそれなりに効果を発揮するようです。

たいてい「痛きもちいい」程度で押すと表現されることがほとんどです。

でも、これって違うと最近思うようになりました。

敏感な体質のかたが増えています。

こういう方には強すぎるようです。

自分自身がふんわりタッチのの方が好きになってきたし、効きもいいように思います。

もっとも場所によってはウンと固くなっているところは、それなりに強くやる場合もあります。

上記の本では「合谷」のつぼがでてきますが、逆の手の親指で触れますが、この時親指の関節を曲げて使う方がいます。

手の親指は伸ばして状態で使います。

親指を曲げて使いますと、これだけで力みやすく緊張することになります。

それから呼吸法を併用するといいのですが、少し難しいかもしれません。

ふんわりタッチならば、そのままゆっくり呼吸でいいのですが、軽い圧であればゆっくりと吸気で押し、ゆっくり呼気で戻すになるようです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 




集中する(暑さしのぎ)

暑い日が続いております。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」ということばを聞かれたことがあると思います。

無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛と感じないという意味だそうです。


戦国時代に快川 紹喜(かいせん じょうき)という僧侶が、信長に敵対した六角義弼という人らをかくまって、織田軍の引渡し要求を拒否し焼き全ての僧が焼き殺されました。

その時に快川紹喜和尚が残した辞世の句が『安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し』です。

確かに集中すると暑さもしのぎやすくなるようです。

逆になんにもしないでいると余計暑く感じるようです。

語りや朗読をやっていると少しは凌ぎやすくなりそうです。

お腹をウンと凹ませるというのもありでしょう。





いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


呼吸を楽にしよう(暑さしのぎ)

熱が発散しないと暑さを強く感じるようです。

身体が固く猫背になっていると、息苦しくなります。

私の場合は鳩尾の3センチ上くらいの窪みが詰まっているようになります。

熱めのシャワーを浴びると少し楽になります。

それから腋の下、大円筋を軽く挟むといいのではないかと思いました。

大胸筋や肩周辺がゆるむようです。

暑さとの関連で考えたことはなかったのですが、大胸筋が速効でゆるむので効果があると考えました。

肩を少し上げて逆の手で指先で軽く挟むだけです。

20秒くらいゆっくり呼吸をしているだけです。

状況によってもう1-2セット追加してもいいでしょう。

腋下はリンパの急所で、ここがゆるむので腕の痛み・肩こりなどにも効果がありそうです。


腰掛けた上体で、お腹軽くを凹ませて、上体を自然に伸ばします。

尾骨を気持ち丸めるようにします。

うまく決まると、呼吸が楽になり血圧も落ちてきます。

これで暑さが凌ぎやすくなるといいですねえ!




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

ピンクの効用

カラーが人体に大きな影響があることは知っていました。
ある会で「五蔵の色体表とストレス診断」でお話をさせていただいたことがあります。
「カラーによって人間の身体が影響を受けることはわかっている。

カラーで人間の身体がゆがんだり整ったりする。色紙を買ってきて実験をやっていると気がついた。
今日の筆者は青のエネルギーが不足している。
青に触れるとバランスが整う。
2~3呼吸後、チエックするとまた歪みが出ている。

今度は青ではない。黄色のエネルギーが不足と出た。
同じように2~3呼吸してチエックをするとまた歪みが出ている。

今度は黒のエネルギー不足となる。
同じことを繰り返していくと黒の次は赤、その次は白と五色一巡してバランスが整った。

この流れを見ると五蔵の色体表における相剋の流れになっていることに気がついた。

剋は勝つ・決める・定める・苦しめるとかいう意味である。
今更ながら、またも古人の智慧・感覚に驚く。2007-02-25 」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-842.html

金の力 銀の力ー2
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-1053.html

あるメルマガで「ピンク色のパジャマで寝ると血圧が正常化する!?」というのがありました。
会のメンバーの方が2ヶ月近い期間毎日血圧の変化を測定した結果が掲載されていました。
当初はパジャマとシーツのみでしたが、途中から洋服もピンクにされたそうです。

177 / 113→→→→→→136-83    
なんとスゴイ変化でしょう!!

前にいただいたメルマガでは認知症義父のことが書かれていました。
ただピンク服を着る様になっただけで

帰宅願望
暴言・暴力行為
入浴拒否

が以前に比べ激減したそうです。
体調が思わしくない方はお試しになってください。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

心身共安定する方法ー2

心身共安定する方法
『天風式クンバハカ法』・・・1
『臍下の一点』・・・・・・・・・・2
『腸骨屈曲呼吸法』・・・・・・3

上記の三つを乱暴にも一つのものとして、それぞれの違いは各自の身体・意識の違いからくるものと考えています。
1では臍下丹田に力を入れるといい、2では力を入れるのは間違いであり意識するのだという。

骨盤が後傾していると丹田に力は入れにくく、意識しにくい。
仰向けになり両足を握り、反らせる運動を続けると修正されていく。
骨盤後傾タイプのかたにはお腹を凹ませる方が合っているようです。

3では腸骨の尾部屈曲動作をすると上腹部はやわらかくふくらみ、丹田は凹みカチカチに固くなると説明されています。
尾骨を巻き込む操作である。

上記は5/27に書いたものです。
ところ先日の語りの教室でヌケをいくつも指摘されてしまいました。
この教室では、先生が「次へいきましょう」といわないと先へ進めないことになっています。
今回はOKが出ず次回も同じところをやる羽目になりました。

暑くなっても抜けやすくなるのですが、気温の低下からかもしれません。
■都心22年ぶり 朝の気温15度下回る (日本気象協会 - 06月13日 11:33)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=174&from=diary&id=4618040
股関節がまた痛くなってきており、姿勢も悪くなっているようである。

お腹を凹ませ、上体を上に釣り上げるように意識すると取りあえず安定する。
藤平光一の著書にあったのですが、中村天風先生に「御前はいつもクンハバカをやられているんですか?」と質問したそうです。
「いや、いつもはやっていない。いつでもやれる状態にあるだけだ」と答えられたそうです。
これがまた難解です。

「いつでもやれる」ということはすぐできることと解した。
でも、すぐといったらすぐであって何秒とか時間を掛けるものではなさそうです。

そのためには腰回りの柔軟性を必要とするようです。
筆者のようにヌケグセのある方は当初、自分の身体を点検しながらやっていく必要があろう。

筆者のやっている教室では、4月に入会された新人の方々の進歩が著しい。
まだ、ふた月ちょっとであるがヌケが少なく声もでている。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時