瞼の母


「敵打ち後生に託した長谷川伸」24日よみうり紙の時事川柳です。

19日大きく紙面を割いて一面・30面に報道されました。

『戯曲「瞼の母」「一本刀土俵入り」などで知られる劇作家・小説家の長谷川伸(1984~1963)が、日本に残る敵討ちの逸話を集めて書いた草稿約390編、原稿用紙約2300枚分に上がる草稿が、東京都港区の自宅に現存することがわかった。
敵討ちは、日本の大衆文学に大きな足跡を残した長谷川伸がライフワークとしたテーマだった。』

三歳で生母と生き別れ、実家の没落で小学校も3年で中退された由。

漢字はルビ付きの新聞で覚えたという。

「瞼の母」は浪曲・講談・演歌・演劇などで幾度も上演されています。

弟子を育てる才にが特に優れていたらしく村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎、と綺羅星のごとく輩出している。

今度、語りの発表会で「瞼の母」をやるつもりで考えています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

語り、舌を巻く進歩です


4月に市民講座(山月記読む10回コース)を終えられて、語りの教室に参加された4名の方の進歩が著しく舌を巻く。

4月から参加されてまだ5回目が終わったところです。

昨年の3名の方もそうだった。
次第にスピードが速くなってくるようです。

1ハラ、2間、3気持ちと書いたようにハラを作る・ハラからの声に重点を置いてやっております。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4406.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4421.html

そのために下記を稽古の前に必ずやるようにしています。

1,不動真言呼吸法
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2154.html

2、修羅場読み
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3834.html

3、吹き矢エクササイズ

4,バランスワーク(身体のバランスを整えるエクササイズです)
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3580.html




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

一ハラ二間三気持ち

日記転載

2017年04月07日10:37全体に公開 みんなの日記 1 view
お芝居の用語で「一声二顔三姿」というそうです。
一声二顔三姿といういいかたもある。
どちらにしても声が一番大事ということです。

この声が意外に難しい。
語り・朗読の会をやっていますが、まずはハラかす声です。
どこまでいってもハラでしょう。

先月で市民講座が10回20時間コースが一区切りつきました。
「二〇時間の法則」というのがあるそうです。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3884.html


「一万時間の法則」というのがあります。
だれでも超一流の人になるには一万時間を一つのことに打ち込むことだという。
だが、二〇時間あればマアマアのレベルになれるというのもあります。

市民講座に参加された方々も一応あるレベルの声になりました。
でもやっていないと声は出にくくなってきます。

毎月やっている会でも1-2回休んだだけで「脱け」がでる方もいます。
発声練習は毎日やらないといけないようです。

「一声二顔三姿」という言い方にならって語り・朗読の大事なポイントをまとめてみました。
「一声ハラ二間三気持ち」になりました。

ハラの状態はなかなかわかりにくいようです。
身体はみなそれぞれ違うし伝えにくいところです。

健康面からも発声の面からも大変重要なところであります。
脳とハラをを一遍に鍛えて、明るく楽しくなるトレーニング法はあまりありません。

身持ちを落ち着かせるセロトニン、気持ちをハイにするドーバミンも腸で作られるのが95%で、脳はわずかに5%の由、納得してしまいます。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


語り・朗読の威力

明治大学斉藤孝教授の文章です。

「速音読によって得られる落ち着いた心身の状態は、肚ができている状態とも表現できます。
日本では昔から、人間性の優れた人を、「肚ので来た人」、器の小さな人を肚のない人」「「肚の小さい人肚」などと表現してきました。
むずかる子供に親が「肚、肚」といい聞かせていたのは、肚を意識しなさい。そうすれば、あなたのいまのイライラした気持ちが治まりますよという意味で、日本では教育や子育てにおいても、肚が重視されてきたのです。」

「しかし、日本人にはあまりにも当たり前のことであったため,その文化として価値が意識されることはありませんでした。そのため肚の文化は戦後、西洋文化に押し流されて、一気に衰退してしまったのです。残念ながら、戦後生まれの人は、臍下丹田と言われてもよく分からない人が大半です。
私が速音読をご紹介するのは、先ほども触れたように、戦後の日本人では、先人によって培われてきた肚の文化が十分継承されてこなかったために、現代人は心の部分ばかりが肥大化して不安定になり、辛い思いをなさっている方がたくさんいます。

戦前の日本人は、平和な時代を生きる現代人にはとても耐えられないような試練の中を生きてきましたが、その支えになっていたのが身体文化と精神文化でした。江戸時代の寺子屋は、それを伝授する場であったといえます。
私が致知出版社から復刊した『童子教』や『実語教』は、寺子屋で盛んに素読されていた道徳の教科書ですが、そこに書かれている尊い精神を、丹田を意識して体の中心軸を保ちながら読むことで、身体と精神を同時に鍛えていたのです。さらに寺子屋では、先生について素読することによって、先生の心身の強さが口移しに子供たちに移っていく効果もありました。

明治維新の大業は、言うまでもなく江戸時代の教育で育てられた人材によって成し遂げられたものです。福沢諭吉も、非常に開明的なことを説いていますが、武士の家に生まれ、漢文を読んで育った人です。優れた精神文化、身体文化によって育まれた人たちは精神のブレも少なく、逆境を乗り越えて偉業を成し遂げる心の強さ発揮するのです。
私は速音読によって、この精神文化、身体文化を同時に復活させたいと考えているのです。(致知4月号より一部抜粋)」

筆者はお腹から大きな声を出して朗読することを中心にして朗読教室・市民講座をやっています。
速く読むことには異論もありますが、音読が肚を鍛え脳を活性化するのは大変威力を発揮します。

先日も紹介しましたがまた書いておきます。
2014-11-14 「語りや朗読は最高のボケ防止法である」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3608.html

脳トレで有名な東北大学の川島隆太教授は「音読が脳の機能を高め、認知症の予防と改善に「劇薬」ともいえるほど効果がある」ことを明らかにされている由。これを読んでなんてスゴイ表現をされる方なんだろうと思いました。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

市民講座「山月記を読む」 

1、記憶に残ること
2、よかったこと
3、講座へのご希望

Aさん1,「山月記」という作品を初めて知りました。
      また音読も初めてやりました。声が少し出るようになったと思います。

Bさん1,この「山月記」は漢文調でであり古文のようでもあり、摩訶不思議な文章でした。
      心が吸い込まれていくような魅力的な名文でした。   
    2,私がこの講座を受けたのは、最近誤嚥が多くなり「健口体操」なるものを
      家でやっておりましたが、なかなか改善をしませんでした。
      しかし、こちらで大きな声で読むことによって、お陰様で大分よくなって
      きたように思います。ありがとうございました。
    3、私は朗読は今回が初めての経験です。とても楽しく、その上、身体の
      ためにも良い朗読を更に続けたいと思っております。
      是非、先生の講座を受けたいと思っいます。
    わずか半年足らずの間でしたが本当にありがとうございました。
    中島敦の「山月記」に接することが出来たこと、心より感謝申し上げます。
 
Cさん1,改めて、・。の大切さに気がつきました。
      カツゼツの訓練、毎日正しく声を出すjことの大事さ(因みにこの講座を
      受講するようになってから読売新聞の゛編集後記゛を朗読するように決め
      毎日声を出しています。ついでに書き取りもするようになりました)
    3月で講座が終了してしまうのは残念です。まだまだ続けたく思いました。
    ありがとうございました。
    (体調にはお互いに気をつけましょう。!!)

Dさん文の始めと文末に大きな声ではっきりという」ということがなかなか
    実行出来ずにいますが、お腹に力を入れるコトの大切さと
    難しさを教えて頂くことが出来てよかったです。
    言葉をはっきりとと話す機会が益々少なくなってくる毎日ですが、
    口にも頭にも体にも大切だ言うことを痛感しました。
    この講座をを受けてからなるべく毎日社説を声に出して読むようにしております。
    うまく読めたときはうれしく声を出す心地よさを感じています。
    また、毎回ていねいな健康談議もプリントしてきて頂き、
    先生のお話も楽しく為になりました。
      
    高校時代心に残った「山月記」をじっくり味わえ、あの頃の生き苦しさ゛まで
    心によみがえり、受講して本当に良かったと思います。
    わからない言葉を電子辞書で引くと
    使い方の例の中に山月記からという引用が多く、
    山月記がいかに世の中に行き渡り言葉の豊富な物語だということを
    再確認しました。ありがとうございました。

Eさん1,講義の前の身体体操がとても楽しくありがとうございました、
      前の方の覚えているところは日に何回もしたいと思い試みております。
    2,読む朗読が難しいと感じました。是非次の講座に参加させていただきたいです。
    3,今回の講座の雰囲気保たれます事をお願い致します。  
      この講座で他の方も同じ考えをお持ちです。
      休憩時、帰る時にお仲間と言いあったことです。
    本当に有難うございました。

Fさん1・2,音読のおもしろさと同時に感情移入の難しさを知りました。
      漢文調は声を出して読むことで理解力増すような気がします。
    3,市民講座のなかで継続してもらいたい。

Gさん1,今までは何を読んでも文章を読むだけでしたが主人公の気持ちになって
      表現できるように少しだけなったと思います。
    2,高く大きい声を出すことが出来るようになった思います。
      「、。」や「。」の間のおき方がよくわかりました。
      はじめて読んだ小説でしたがこんな小説を書いた人がいたのだと
      びっくりしました。
      発声練習をしていただける事がよかったです。
    3,続けて朗読の講座を受けたいと思っています。

Hさん1,全く初めて経験で興味本位で受けました。
      沢山直されました。始めから上手に語る人、感心しきりです。
      毎回、健康に関する資料を戴き参考になります。
    2,先生にもっと大きな声で、と何度も注意されました。
      少しは声が出せるようになったかなと思います。
      大いに勉強になりました。
    3,今、少し続けて見たいと思っています。

Iさん1・2、山月記の内容と健康法

Jさん、本日の講座で先生にお褒めの言葉を頂きました。
     なかなか思い通りに読めなくて声が出ないことが多く喉の調子を整えるのは
     この時期は難しいです。体操も教えて頂き忘れないようにしたいです。
     肩がいたいので、これらの体操で少しでも楽になればうれしいし、
     他の部位も予防していきたいので。
     前半はお休みした回数が数回ありこのところ出席で先生の指導に
     ようやく追いつけつたります。
     あと1回で終わりですがよろしくお願い致します。

Kさん、初めての山月記とてもむずかしかったです。
     お腹を使用することもまだでしたが楽しく続けたいと思います。
     初めての方が多いためも少し簡単な話ではじめていただいた方が
     私はよかったと思います。

Lさん1,読書は大好きで一も呼んでいますが、声を出して読むことは初めてで
      こんなに大変な事とは思いませんでした。
      増して一人ずつというのはドキドキのれん族でした。
    2,リンパの流れを促す・体の動き方の練習はとてもよかったと思います。
      家でも思い出した時毎日テレビをみながらやっております。
    3,講座を続けたいので、是非お願い致します。

Mさん1,文末動詞をはっきりと。
    2,朗読初心者、経験者等レベルに応じたご指導。お腹から声を出して楽しめた。
    3,今後も同様な講座の継続。
    熱心なご指導ありがとうございました。

Nさん1,・常時にでない大きな声が出せることが発見でした。  
      ・発声のためのエクササイズ初めての体験でした。
      ・声を出しながらするのが一番快感でした。(エクササイズ)
      ・経験豊かな方の意見は貴重でした。
       (各人の差がはっきりしていて勉強になりました)
    2,楽しい時間を過ごさせていただきました。
      紹介しいっしょにうけるはずのOOさん体調不良で欠席され残念でした。
      (ご本人も残念とのこと)
      大きな声を出すことのおもしろさもメンバーの方の
      お上手な方々の朗読を聞かせていただくのは楽しかった!!  
    3,「山月記」はすばらしいけど、女性向きの「何か」も
      先生の朗読をお聞きしたかった
      (そういう講座も)一つだけでなく短い文章をいくつか
      体験出来たらと思いました。
      先生が元気な様子ですと所為とも負けず二元機でがんばります。
      「ありがとうございました」最終回はなにかプランがありますか?楽しみです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時