手を使った気力賦活法

古い話ですが、ワークショップを開催していたときのことです。
参加された方が、「ありがとうございます・ありがとうございます・・・・・・・・」と称えながら前屈するとからだがやわらかくなりますよ」とやって見せてくれたことがあります。

当初、前屈すると指先が膝下数センチの位置西か伸びません。
それが「アリガトウゴザイマス」と称えながら前屈すると床まで指先が届きました。

「アリガトウゴザイマス」と称える行があります。
これをやられているとか、言葉に対する反応がよくなっているのでしょう。
極々稀に「アリガトウゴザイマス」を称えると逆に固くなる方もいるようです。

エネルギーが枯渇してくると身体が硬くなっていくようです。
そのときは感謝の気持ちが薄れているときです。

いまの自分がそうです、
そういうときの賦活法を考えてみました。

手のグーパー、20~50回くらい。
手は第二の脳といわれています。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3597.html
親指は伸ばして多の四指伸びで行います。

それから、グーと合わせて「アリガトウゴザイマス」と称えることを繰り返します。
これを気の済む回数をやります。

ペンフィールドのホムンクルスを紹介したことがあります。
手の運動野の大きさを見てください。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時


ボケが進行したのか?

ブログを描こうとして、「寄り代」という言葉が思い出せなかった。
2~3日前のことだ。
今日になってもまだ思い出せない。
寄り代は近年覚えた単語だ。
歴史が新しいものほど忘れやすいという。
ボケが進行したのか?

腸活を意識してやるようになって、記憶力は回復方向にあった。
人の名前も10年前より早く覚えるようになってきていると思う。
それが、ここのところ思い出せない事柄が急増している。
このブログも休むことが多くなっている。

いくらでも書けると思った時期もあった。
いまはあんまり書けないし書きたい意欲も減少してきている。

寒さのせいか?ここのところ厳しい寒さが続いているし、乾燥度も低い日も続く。
寒いとオシッコの回数が増えるというか、水分補充してもすぐオシッコになって出ていく。
水分摂取が認知症の予防・治療に大きな効果があるというので実行している。

もう一つ、最近、座布団型の電気あんかを使い始めたこともあるかも知れない。
30ワットなんかたいしたことはあるまいと思ったのだが?
以前、パソコンのスイッチを入れた途端に胃の辺りがシクシクが始まった時期がありました。
このときはマイナスイオンの発生器ですぐ解決した。

電気あんかより電気ストーブの方がいいかもしれない。
遠赤外線効果が期待できるかもしれない。
だが、電気料金は増えることになる。

だが水分摂取とオシッコ、ともに回数が多くなっている。
それは自律神経が正常に働いているかららしい。

それから塩分摂取も関係してくる。
減塩PRで減塩に励む人が増えているようです。
だが減塩が必要なのは一部のかただけです。
それ以外の方はマイナスになることだろう。
それからどういう塩分を摂るかも問題だ。

老化というのは、身体から水分が失われていく現象だという。
どうすれば水分保有を維持できるのだろうか?
その鍵は暖房と塩分摂取にあるような気がします。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



もやもや病、知っていますか?

もやもや病という病気があるそうです。
頭がいつももやもやしているのをいうのかなと思ったら違っていました。

内に向かう頸動脈が細くなって、脳にいく血液が不足すると、それをカバーするために毛細血管が出来てくるのだそうです。
画像でその毛細血管がもやもやと立ち上って見えるところからもやもや病と名付けられたといいます。
その毛細血管がのやもやと上に向かって伸びているので、そう命名されたとか。
日本人の発見で、国際的ももやもや病になっているそうです。
この毛細血管は脆く脆弱で出血しやすいので要注意という。

いきなり意識不明になって転倒する、でも自分ではわからないというか覚えていない。
2回倒れた主婦の例が紹介されていました。
奥さんがトイレにいって、あまりにも遅いので旦那が見に行って倒れているの発見したという。

先日のNHKの健康番組です。
無症候性脳梗塞と全く同じ症状だそうです。

もやもや病は厚労省指定難病の一つで患者さんが16000人、無症候性脳梗塞は60才以上の方の30%に見られるという。
この無症候性脳梗塞を抛っておくと血管性認知性になる可能性が大だとか。

もやもや病の症状
・失神
・頭痛
・脱力発作
・片側手足の麻痺
・不随意運動
・けいれん

脳の中の思考・感情・記憶・関係する場所の血管が細くなって起こる血液不足からくるので、症状はさまざまな形のものが出てくる。
地図が読めない・方位がわからなくなる・自転車で転倒・PCで文章が作れない・等々、だがCTでは異常なし。
原因不明で日本・東南アジアに多い。
5歳前後・30~40才ごろに多く発症し、女性に多い。

チョイス@病気になったとき「気になる脳の病気 もやもや病&無症候性脳梗塞」
http://www4.nhk.or.jp/kenko-choice/x/2017-11-11/31/1351/1722175/


予防にはどうも腸活が有効のようです。
「酵素は万能薬?」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4541.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4542.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4543.html






いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

頭も使わないと衰えますよ

【武田邦彦】1日3分でできる認知症の簡単な予防法!秘訣は違う事!
2017年11月11日08:54全体

https://www.youtube.com/watch?v=OFvq1LTDRb8


頭も筋肉と同じで使わないと衰えます。

簡単なことでいいから、普段と違うことを考えることだそうです。

血圧もコレステロールも高齢者は基準値を上げて考える必要があると。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

老けない脳の作り方

日記転載

「記憶力世界一」の84歳に聞いた方老けない脳の作り方
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=125&from=diary&id=4529872

記憶力は年齢と共に低下する──その常識を覆す人がいる。

「記憶力向上のためには健康体でなければいけません。夜は10時に眠り、朝6時に起床。食事は1日に2食で玄米や野菜、魚を多く摂り、脳に刺激を与えるために人の3倍以上噛むようにしています。妻のリハビリもかねて毎日1時間散歩。腹式呼吸を取り入れることで、新鮮な血を脳にまでいきわたらせる。

 脳には常に刺激を与えています。利き手でない方で食事をする、カラオケでは知らない曲を歌う、初めての道を通って駅に行く、普段は見ない女性用の服が飾ってあるショーウィンドウを覗くこともあります」

「記憶力を鍛えることでメリットはあってもデメリットはない。一日中頭を使って疲れているからか、寝つきも目覚めも良くなりました。周りからは記憶名人と呼んでもらえるようになった。何度も覚え直すうちに“記憶の道”が深くはっきりと刻まれていく、と自分を励まし続けました。そして、挑戦から8年後の54歳の時に、17時間半かけて4万桁暗唱に成功。ギネス記録を更新することができました」

友寄英哲氏はお会いしたこともあるし講演も聞きました。
お会いしたのは、この4万桁暗唱もじきに破られて再度の挑戦中のときでした。
氏の場合、この記憶力の鍛錬が健康法であり長寿法になっているようです。

著書『老ける脳と老けない脳』を上梓したばかりの友寄氏だが、現在は、ルービックキューブのタイム更新と共に、6個のキューブの解法を覚えて、目隠しで1時間以内に面を揃える「複数目隠し部門」への出場を目指してトレーニング中だという。

これまで腸活、腸活と何度も書いてきました。
健康体であるために、まず腸活、酵素補充が必要と考えております。
それにしても、医師はなぜ腸活をいわないのだろう?



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時