姿勢の悪さは身体のストレス

■「ひき肉より薄切り肉を」医師がすすめる「ドライマウス」を防ぐ食習慣
(AERA dot. - 05月22日 07:03)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=4583123

ドライマウスの原因は、唾液の蒸発や、唾液の分泌量の低下である。唾液の蒸発は、口呼吸やいびき、歯ぎしり、鼻の病気などによって起こる。

 『唾液の分泌量が低下する原因は、加齢、ストレス、咀嚼筋など口まわりの筋肉の筋力低下のほか、糖尿病やシェーグレン症候群などの病気、降圧剤や抗ヒスタミン剤など薬の副作用、がんの放射線治療による副作用など、さまざまな要因が挙げられる。

 ドライマウスは中高年の女性に多く、年代別では多い順に60歳代、70歳代、80歳代、50歳代という傾向がある。しかし、近年、ストレスや咀嚼筋の低下などで若い人や男性のドライマウスも増えつつあると、山田歯科医院の山田雅昭歯科医師は話す。

「咀嚼筋の低下は、食事量が減ったり、やわらかいものばかり食べたりすることが原因で起こり、主に高齢の方にみられますが、食生活が昔とはだいぶ変わっているせいか、若い人にもみられます。また、唾液の分泌は自律神経がつかさどっているため、ストレスや緊張などによって自律神経のバランスが乱れることで、唾液の量が減ることがあります。精神的な影響による若年層のドライマウスも増えています」

 ドライマウスの治療では、まずは病気の治療やストレス解消など、原因を取り除くことが重要だ。しかし、慢性的な病気や薬の副作用などが原因の場合は、完治を目指すことは難しいため、渇きや痛みなどへの対症療法が中心となる。』


姿勢からくる首・背中などの硬化が大本の原因かもしれません。
身体にとって、それは大変なストレスだと思うのです。

数年前、母が寝たきりになり嚥下障害を起こしたことがありました。
このときは左耳が大変固くなっていました。

耳・頬・首などをやわらかくすることで流動食に戻れました。
ドライマウスの場合も耳が固くなっていたら、両耳引っ張りなどで改善される可能性があります。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

突発性難聴

「はじめまして、昨日の夜から右耳がおかしくて時間がたつにつれ聞こえなくなってしまいました。
那との会話してるときまでは、ちゃんと聞こえてたのに…
今は左も危ないです。音楽は聴きにくいし治ってほしいですが、どうしたらいいかわかりません。」

「右耳を二つ折りにすると左より痛くありませんか?
普段の姿勢が猫背うつむきになっていませんか?」

はじめまして、お返事ありがとうございます
確かに言われた通り猫背だし、右耳が痛いですね」

「耳周辺が固くなり、つれて鼓膜硬化し受信能力が低下したようです。
後頭部・首筋・背中をなるべく真っ直ぐにすることが大事ですが、
同時に耳自体をやわらかくすることでリンパの流れがよくなっていくと推理しました。

お腹を5-10センチ程度凹ませると首が少し伸び上胸部が持ち上がり、姿勢がよくなります。
でもこれは慣れないとかなりきついです。

両耳を一緒に引っ張ります。
息をゆっくり吸いながら引っ張り息をゆっくり吐きながら戻します。
5-10回が1セット。できるだけ頻繁に行います。

両耳たぶを人差し指と中指の先端で挟み、小さく後廻しにクリクリ繰り返します。
続けるほどに耳がやわらかくなっていく感触が1週間くらいで出てくると思います。」

「アドバイス有難うございます。
病院は明日いくんで検査やら色々話すつもりです。」

「お医者さんは上記のやり方は知らない方が多いようです。
ボクは弘法大師の秘法と教わりました、」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



息子が耳鳴り・目眩を訴えましたー2

「息子さんの右耳の鼓膜が固くなっているのかもしれません。
そしたら両耳引っ張りのエクササイズが有効と思います。

両耳を一緒に引っ張ります。
息をゆっくり吸いながら引っ張り息をゆっくり吐きながら戻します。
10回くらいが1セット。

それからチョンチョンと両耳一緒に引っ張るんもいいでしょう。
そして、人差し指と中指の先端で耳たぶを挟み小さく後廻しにします。
20-30回くらいが1セット。

ここリンパの急所です。解剖図確認してください。
ひと月くらいで耳がやわらかくなるかもしれません。そしたら回復とみていいようです。

エクササイズは時間があっれば2時間おきくらいにやられると回復も早いと思います。
ただ姿勢を直さないと一時的に治っても再発したり、他の不具合が発症する可能性が大きいでしょう。

そこで姿勢ですが、お腹を5ー10センチくらい凹ませた姿勢がお勧めです。
これとて慣れないと違和感があるのですが是非慣れるようにしてください。

息子さん中2ですから、ひと月でなく1週間くらいで耳の感触が変わってくるかもしれません。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

目眩が改善されるかもしれません

「揺れるめまいがはじまり、もう10年、病院なん十ヶ所もいき、整体、カイロ、針、お灸、気功
世に知られてる治療なにをしても治りません。 」

「首が固くなると耳も固くなっているようです。
耳が固くなるにつれて中耳にある耳石も動きが悪くなると思います。
先日のためしガッテン
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161116/index.html

「耳石があまり動かないと・・・全身の筋肉や自律神経の働きもおとえろえ、筋力の低下や循環機能低下、代謝の異常など様々な悪影響が起こると考えられています。」
解剖図を見ると、耳の後は血管・神経・リンパなどの急所になっているようです。
首が固くなり次いで耳も固くなり耳石も動きにくくなっていくでしょう。
その結果として目眩かもしれません。

耳の固さをチエックして固さを見ます。
・耳を縦に二つ折りにして痛みがあるかどうか?
・耳二つ折りで痛みはないがそのまま二つ折りのままスライドさせると痛い。
・左右で固さが異なっている。

もし上記の状態であれば、両耳引っ張り・耳たぶ廻しをお勧めします。
両耳引っ張り、息をゆっくり吸いながら両耳一緒に引っ張り息をゆっくり吐きながら戻す。
10回くらいが1セット。
耳たぶ廻し、人差し指と中指の先端で耳たぶを挟み小さく後廻しにします。1回に20秒くらい。
これは弘法大師の秘法と教わりました。

毎日続けていると固い耳もやわらかくなってきます。
目眩も改善されることを期待して書いています。

もう一つ大事なことは、首を前に倒す姿勢は避けることかと考えています。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 






ぎっくり首が増えています

悪化すると新型うつにまで至るぎっくり首の危険性
2016年11月12日 16:12 NEWSポストセブン
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4289873&media_id=125

『 朝起きたら、突然首に激痛が走った、くしゃみなど、ちょっとした動作が原因で首が痛んで動かなくなった。こういった症状は、“ぎっくり腰”ならぬ、“ぎっくり首”と呼ばれ、ここ最近患者が急増していると、東京脳神経センター理事長の松井孝嘉さん(「」内、以下同)は言い、その原因をこう続ける。

「ぎっくり首とは、“頸筋症候群”のひとつで、首の一部の筋肉がかたまる“こり”が原因です。日本の成人の約9割が首になんらかのトラブルを抱えていますが、なかでも首こりは、首だけでなく心身のあらゆる不調“不定愁訴”の原因となる厄介な症状です」

 首こりからは、頭痛、めまい、自律神経失調症の3大症状を発症するといわれている。しかし、実はそれだけにとどまらず、自律神経失調症から、動悸や息切れ、微熱が続く、冷え・のぼせ、目が乾く・かすんで見づらい、お腹の調子が悪い・吐き気がするといった症状につながっていくことがわかっている。さらに進行すると、パニック障害、新型うつ(自律神経うつ)、慢性疲労症候群を招くのだ。最悪は自殺に至ることも。このように恐ろしい危険性をはらむ、ぎっくり首。

 近年、首にトラブルを抱える人が急増している背景には、PCとスマホの普及があるという。長時間うつむいた姿勢でいると、首の筋肉がかたまり、動きにくくなるのだ。ではなぜ筋肉がこわばると、ぎっくり首が起こるのか?

「筋肉は働き詰めだと酸素と栄養が入りにくくなり、ゆるまなくなります。さらに代謝が落ちると、筋肉が骨や金属のように硬化。そこで急に伸ばすと筋肉が損傷して炎症を起こし、激痛が走ります。これが、ぎっくり首の正体です」

 ぎっくり首の場合、痛みが走ったら、とにかく安静にして、痛みが鎮まるのを待つしかないという。この時、絶対にやってはいけないのが、固定したり、強い力でたたいたりもんだりすることだという。

「レントゲンで首の骨に異常が認められた場合は、頸椎カラーなどを装着して固定することがあります。しかし、首こりの場合、骨ではなく筋肉の異常なので、カラーで固定すると、かえって治りにくくなります。なぜなら、固定することで、正常な筋肉にも負担がかかり、首全体の筋肉バランスが崩れるからです」

 さらに松井先生は、「首は脳の一部で、間違った治療はさらなる不調につながる」と続ける。

「首の筋肉は生命維持に深くかかわる副交感神経の要の部分にあり、とてもデリケート。そんな大切な部分を自己流でたたいたりもんだりしてはいけません」
 
 首こり対策の基本は、“動かさず安静にして、温めること”。
 寒暖差の激しいこの季節は特に体全体が冷えやすいので、日頃から首まわりを温め、柔軟性を高めておくことが大切。』

首こり対策にどうして普段の姿勢のことをいわないのだろう。
ギックリ首になったら、“動かさず安静にして、温めること”ということになるだろうが、それでも姿勢のことをいわないのは何故だろう?

先日のTVに出演されていた105歳の現役医師日野原重明氏の首はヒドク曲がっている。
首こりにならないのはどうしてだろう?
筆者とご縁のあった当時77歳の掌蹠膿疱症の女性も首が逆L型に曲がっていた。
腰痛はあったが首にはきていなかった。

日野原氏のTV出演は「老化防止徹底解明”健康長寿”で食物で慢性炎症が起きにくくなるとやっていました。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時