左股関節がまた痛いー2

上肢起因説・下肢起因説というのがあります。
上肢というのは手や腕で、下肢というのは足・脚です。
それらが原因でいろいろ症状が起きるという考え方です。
骨盤が原因だとする見方もあります。

最近、原発巣ということばを知りました。
これはガンの最初に出来たガンを意味しそこからあちこちに転移していくという考えです。
原発巣が不明の場合もあるし、血液が原発巣になる場合もあるらしい。

筆者の左股関節関連の痛みは、足(踝から下の部分)大きく関係しているようです。
日常の立ち方・歩き方と直接関係してきます。
同時に骨盤も立ち方・歩き方が関係していますが、気温の変化が大きく影響していると考えました。
もし気温が関係しているならば、気温が安定するまでこの痛みはまだまだ続くだろう。

痛いのは困るし、歩くのに不自由します。
先に書いたのですが、治療院巡りであまり効果がありませんでした。
やはり自分で何とかせにゃならないかと、改めて取り組む気になりました。

5/3左股関節がまた痛い
1http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4455.html
足のグーパー・お尻ゆらし・大腿四頭筋挟みはやっているが、痛みはまだ続いている。
やっても前に較べると実に利きが悪い。

そこで左右骨盤を前後にゆっくり動かすエクササイズである。
これは骨盤を呼吸に合わせてゆっくり動かすところが味噌です。
息をゆっくり吸いながら左骨盤を前に動かし、息をゆっくり吐きながら戻します。
同時に右骨盤は息をゆっくり吸いながら後に動かし、息をゆっくり吐きながら戻します。
五回くらいが1セットです。

次いで息をゆっくり吸いながら左骨盤を後に動かし、息をゆっくり吐きながら戻します。
同時に右骨盤は息をゆっくり吸いながら前に動かし、息をゆっくり吐きながら戻します。
五回くらいが1セットです。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

足(踝から下)のことです

自分の足を美しいとは思ってはいない。
外反母趾に内反小趾、足のアーチも潰れてきている。
第4第5趾の先端がひしゃげている。他の趾は大丈夫である。

ところがもっともっと酷い方がいる。
足のアーチが潰れてなくなっているし、豆がいくつも出来ている。
足裏の筋肉が潰れて横に広がっている。
激痛があり外出も控えがちだという。

いうまでもなく、足(踝から下の部分)が人体を支える一番の基盤である。
上体と足はお互いに影響し合っている。
上体がくずれれば足も歪んでくるし、逆に足が歪めば上体もくずれてくる。
時間経過にともなって少しずつ変形が進行していく。

この足の変形にストップをかけバランスを回復させていくにはどうするか?
着地にさいしての足の形と重心の掛け方にあると考えている。
外反母趾の改善に考えたのが、一直線平行歩きだった。
これは効果がありました。時間は掛かりましたが、外反は直ったし腰痛もでにくくなりました。
ただし半年一年放置しておくとまた外反母趾が復活してきます。

浮き指がよくないと納得して始めたのが、靴の時、足を軽いグー状態して歩くことでした。
これもそこそこ効果がありました。
ところが、語りの先生から聞いたのですが、バリの人々は指先が大きく開いているとか。
体重の掛け方・趾の使い方との関連があるだろう。古代人の足の化石もそうでした。
靴で舗装された平地を歩いていてはそういう足にはなれないだろう。
地元の熊野神社に大小さまざまな砂利を敷き詰めた足踏み健康ロードというのがありました。
「歩いてみましたが小さい石の所は痛いこと痛いこと。
思わずへっぴり腰になっちゃった」そうです。

かって筆者は右足が大きく外旋して、これが原因で右足が外反母趾になったと思っています。
最近、「外旋立ち」を推奨する記事をよみましたが納得しかねていました。
せっかちな方が外旋立ちで歩いたら両足が外反母趾になるかもしれません。

ただ外旋させるのではないということです。
外旋の角度は三〇度くらいに止めること。お相撲さんがそうみえます。
お相撲さんは足のバランスが最も影響する仕事だと思うのですが、厳しい稽古で作り上げられるのかもしれません。

歩くときは踵から着地して足先に重心を移していくことがいいようです。
後重心気味にフラット着地で歩ければ、それがいいのかもしれません。
歩いていて足裏が痛いとき、有効でした。

普段たいてい足のことなんか忘れています。
痛くなってあれやこれや考えるようになりました。
足は大変重要です。
身体全体に影響しています。
歩きながらバランスが整っていく歩き方でなければならないと思っています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

左股関節がまた痛い

「気温の上下動もストレスになってしまいます。
わずか2-3度下がっても腹痛がありました。 」

腸活でいまは大丈夫です。
腹痛はでないものの寒く感じてしまいます。
するとガスが発生しやすくなります。」

いまは大丈夫と書いたのですが、腹痛にはならないのですが、便が細くなり出にくくなりました。
そうするとスルスルといかなくなっています。

「それと重心の片寄りは身体にとってのストレスです。 」
暑くなったり寒くなったりすると、それに合わせて骨盤が開いたり閉じたりするtぴいます。
筆者は体感ではまだわかりませんが、夏と冬では骨盤の状態が変わっているのはわかります。

温かくなるときは、骨盤が右から開いていき、寒くなるときは左から閉じていくとか。
急な気温変化が続いています。
骨盤が動けば当然、股関節・膝・足首・足にも影響します。

今朝起きると左股関節が痛い。
歩くとき少々不自由である。
12-3月時ほど重症ではない。

3週くらい前から足がむくむようになった。
脚の前面と足の甲である。
これは今までにない。

母がよくむくんでいて、見せられたことがある。
体質的な面が遺伝したのかもしれない。
骨盤の変化がリンパ・血流に影響しているらしい。

左股関節が痛いので触ってみると、前回とは微妙に異なる感じがする。
前回は、まず左座骨のすぐ外側が固くなり、それからその下も固くなった。
今回のは座骨の外側はそれほど固くないし、その下も同様である。

それほど固くないのだが右側と較べればかなり固い。
座骨近くが固い部分があるが、それよりも膝に近い方が固くなっている。
そうならば前回と同じようにほぐせばいいと思った。

大腿四頭筋の膝の上辺りを左手の平で挟みゆっくり戻す。五回くらい。
それと「その場お尻歩き」である。
これは脚部のリンパの流れと関係しているし股関節の可動性をよくするのでやった方がよい。
それと足のグーパーである。

膝上辺りにきたのは、草履が関係しているかもしれない。
温かくなって草履で外出が多くなっている。
草履だと指をよく使う、草履はやはりいいなあと思ってしまう。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



気になる足のトラブル 外反ぼし&足底けん膜炎

5/27放送のNHKの健康番組である。
外反母趾は女性に多く年配者の3人に一人、若い方でも1割の人がなっている。
筆者は男性であるか外反母趾である。

原因はわかっていないが、体質と靴などが原因だという。
母趾が長いとなりやすいとか、それよりも片寄った重心が原因であり、歩き癖を直せば外反母趾改善されると筆者は考えている。
根気は必要ですが、確実に直っていきます。

30年も痛みがあり手術をやられた方が出演されていました。
手術は骨折を人工的に起こすようなもので針金で固定する。
左足10分で済んだが、包帯を巻き杖を着き、特殊な履き物8ケ月着用。
その後右足も主術こっちは9ヶ月かかった由。

不自由な生活を余儀なくされるが、必然的に踵重心になる。
これが歩き癖を修正になると思われる。

手術で見かけはわからないくらいになるが、歩き癖を直さなければまた外反するだろう。
ハイヒールが原因と考える向きもあるが違うらしい。ハイヒールを履かない人も外反する。
現に筆者も外反している。
手術台は3割負担で4万円くらい、入院2週間で15万とか。

予防としては足のグーパー運動である。
グーパー10秒キープするのを20回くらい、できたら朝・昼・番と毎日行う。
実際何度も主術する方がいるようである。

外反母趾だと大きめの靴を選ぶ人が多いが逆である。
中足骨あたりをひもで締める靴が望ましい。
締めることで足の横アーチが調整される。面倒くさいが靴は一々ひもを締めて歩いた方がよい。
中足骨を締めると指が使いやすく背筋が伸びて脚の痛みも出にくくなります。
4Eタイプの人ならば、むしろDタイプの靴がいいかもしない。

足底けん膜炎は多くの場合、歩き出しの一歩、踏み込んだ時に痛みが出ます。また痛みの多くはかかとにでます。
痛む原因は歩きすぎ、足を使うスポーツのしすぎ、加齢、急な体重増加、立ち仕事のしすぎなどです。
痛みを減らすチョイス~足の指を反り返らすストレッチ~
歩き出す前に、かかとを固定して行います。
足の裏を反り返して10秒数えて元に戻します。
このストレッチを20回程度1日2〜3回行うと、歩き出しの時の痛みに効果があるといわれています。
痛みが出なくなっても、半年ほど続けてください。
足底けん膜炎は、心身ともに不安定になり歩くのに不自由します。
ほとんどの場合このストレッチや、足底板、消炎鎮痛薬ののみ薬・貼り薬で痛みを解消することができます。
それでも痛みが長引く場合は、体外衝撃波を使った治療や、固くなった足底けん膜を取る手術が検討されます。
筆者はもっぱら足のグーパーでした。50×6と300回もやっていました。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



ひざ痛に小指ピンピン

夕刊フジの記事で『ひざ痛に簡単で即効性の高い「小指ピンピン」』という記事がありました。
「靴と靴下を脱いで、足の小指を動かしてにみましょう。うまく動かせない人は要注意。
近い将来,ひざ痛に悩まされるかもしれません」、とある。

記事の元は鍼灸整骨師の方である。
「足の指に問題を抱えている人は、ひざ痛を始め腰痛、首や肩のコリ・痛みといった症状に悩まされている」ということです。
足は、体の土台となる重要なパーツ。足の指がしっかり使えてないと、大事な土台がゆらいで、ひざをはじめ体の各部位に負担がかかります。逆に、足に指をしっかり使えるようになると、土台は安定します。

足の指でも特に重要なのは小指です。私たちの足の親指、小指、かかとの3点でバランスを取り、立ったり、歩いたりしています。
歩くときの着地の際、本来、足の指は地面をつかむように広がるものです。
しかし、私たち現代人はこうした足の指の動きができなくなっています。それが顕著に現れるのが、足の小指。自分で足の指を動かそうと思っても、ほとんどの人は動かせないそうです。

そこでこの鍼灸整骨師の先生がお勧めしている『小指ピンピン』です。続けているうち、だんだん小指を動かせるようになり、足の親指、小指、かかとの3点でバランスよく立ち、歩くことができます。結果膝への負担は軽減し、ひざ痛が改善するのです。
即効生の高さも小指ピンピンの長所です。
数年来のひざ痛がこの小指ピンピンで1ヶ月とたたず解消した51歳女性の体験談も紹介しています。」

◆足裏のバランスが復活!小指ピンピンのやり方◆
(1) ひざが痛む側の足の小指を手の指でしっかり握る
(2) やや痛みを感じる程度の強さで小指を引っ張り、「ピン!と弾くように離す
(3) 1~2の動作を1~2分程度繰り返す
    行うのはいつでも構わない。できれば朝晩行うのがお勧め。

筆者も足の裏にに問題があり早速試してみました。
一定の効果は期待できそうです。
ただ筆者は、足の指の握りについて指の背と腹から挟むにではなく、足の指の両横から挟んだ方が合っているようです。
それと各指、特にゆがんでいる指をやった方がいいように思います。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時