股関節の調整

「>私は、先天性の股関節脱臼で生まれてからずっと1年を通して股関節の状態が良いと言う事がありませんでした。
整形外科へ行っても、レントゲンを撮って経過観察といわれてお終いです。
17歳から整形外科へは行かず、整体・鍼・足底板などで痛みを和らげ何とか生活して来ました。
それでも調子が良ければ山登りやゴルフも出来ました。
それが、ある日、グギと股関節に痛みを感じ何処へ行ってもその痛みが取れなくなりました。
仕方がないので、ネットで何か痛みを和らげるものはないかと調べ筋トレとストレッチをやっています。

わたしの場合、股関節は前からときどき痛みがありました。
昨年の暮れ辺りから激痛にかわり間欠は行です。
階段では左右交互に足を動かせませんでした。
整形では、そけい部靱帯&腸腰靱帯硬化症といわれました。
8軒治療院行きましたが全く改善しません。

こりゃもう自分でなんとかやる以外にないと試行錯誤しました。
結果、鈍痛は残るもののまあまあ普通にあるけております。

貴殿にも有効かどうかわかりませんが気が向いたらお試しください。

1,大腿外側筋肉挟み
  いろいろやりましたが、これは速効性がありました。
  大腿外側が異常に固くなっていました。
  そこを膝に近い部分から、手の平と四指で挟みゆっくりゆるめました。
  何回かやり場所を変えて座骨の方へ移動します。
  これが一番利いたようで2-3日で痛みが半減以下になりました。

2,お尻ゆらし(その場お尻歩き)
  椅子がけで、左右のお尻を交互に可動域を前後に動かします。
  そけい部はリンパの急所とかでここの可動性が重要のようです。
  20回くらいやると痛みが軽くなるのでも今も毎日やっております。」

「2つとも有効です。

1,大腿外側筋肉挟み
 私も痛い時は、無意識にしていました。

2,お尻ゆらし(その場お尻歩き)
 OOプログラムの中に入っていますので毎日しています。
 回数も20回。同じでした」

「足のグーパーもいいようです。
座ってもできましし、「寝ていてもできます。
立って段差のあるところで指先を出して、角を挟むようにしてやると一番いいようです。

足首より上の症状には大概効果があるようです。
呼吸を併用すると更にいいでしょう。
息を吸いながらグーをやり息をゆっくり吐きながら戻します。
同様に息を吸いながらパーをやり、息をゆっくり吐きながら戻します。

特にグーの方が大事のようです。
私は足が痛くなったとき、立ってのグーパーを50回×6セットもやりました。
いまは座っているときにグーをいつもやるようにしています。

それと『大腿外側筋肉挟み ・お尻ゆらし(その場お尻歩き)』をやる頻度を高めると効き方が違ってくるかもしれません。
例えば2時間おきにやるとかです。
3日つづけたらガラリと変わりました。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



中指に神経が届いておりません

>フィットネス教室でも足指を毎回揉んだり引っ張ったりするのでこれをしっかりやれば回復しそうな気がして熱心に取り組んだりしたのだけど、余計に最近は違和感がある。

強度・速度・回数でも違ってきます。
強すぎても早すぎても×の場合が多いようです。
エクササイズのbefore-afterで確認チエックされるよう勧めてきました。

当コミュの自己紹介トピに家際されている4つのチエックです。
自分の身体に合っていれば改善されていくでしょうが、逆ですとやればやるほど悪化していくことになります。
面倒くさいですが、間違った方向にいかないために是非ともやって頂きたいものです。

簡略法として前ならえと前屈の二つで見るようにしております。
身体の前面に軽く両手を伸ばし手の平を合わせて両手の長さを較べます。
身体のゆがみは末端でみるとわかりやすいfです。

前屈で身体の柔軟性を見ます。
身体に合わない場合は固くなります。
これもbefore-afterで軽く曲げて較べます。
ペットボトルにスケールを貼り付けておくと簡単に測れます。

貴殿の足の中指についてですが、軽く引っ張るエクササイズをやられるとお勧めします。
呼吸法を併用します。
息をゆっくり吸いながら引っ張り、息をゆっくり吐きながら戻します。
10回くらいが1セットです。
before-afterで前ならえ・前屈でチエックを入れてください。
結果がOkであれば、今後も続けられた方がいいでしょう。
気が向いたらお試しください。

抗がん剤の副作用で足の中指に神経が届いてないままの由、もし抗がん剤治療をいまもやられているのであれば、茶麹・納豆の摂取をお勧めします。





いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 




両足底腱膜炎ー2

「>やれと言われてるストレッチをやっていました。踵つきません。

どんなストレッチなのでしょうか?
このストレッチが問題の可能性があります。
踵から着地する歩き方をやっていらっしゃるのに踵がつかないというのはおかしいと思います。」

足のグー・パーのパーに似た動きだというが、よくわからない。
半年ぐらいは調子がよかったが、やると痛くなるので、殆どやめましたという。
写真をアップしてきてはじめてわかりました。
その写真を載せようとしましたが、うまくいきません。
踵を床につけた状態で、親指を手前に曲げ込むというストレッチです。

「大分ムリをなさっているように感じます。
パーですと前回書いた私の腱鞘炎と似ており、多分これが重症化した原因らしいです。

私自身は、パーよりグーの方重視しております。
それに呼吸法を併用するとさらにいいようです。
私は息を吸いながらグー、息をゆっくり吐きながらゆるめる繰り返します。

知人でコーチから踵をつけるなといわれて、歩き方を変えて正座できなくなった方がいます。
いろいろな運動法や健康法があります。
大事なことは自分の身体に合うかどうかです。
合わなければドンドン悪い方にいくでしょう。

合わなければ合うように変えるか、それがムリならば止めることです。
合うかどうかはbefore-afterdで軽く前屈してみればわかります。
ペットボトルにスケールを貼り付けておくと簡単に測定できます。

多分、後歩きをやると5センチくらい深く曲げれるようになると思います。
足のグーもそうです。」

「わかりました。
ありがとうございました。
今日駅前の総合病院に行ってきます。」

「総合病院なら理学療法士の方がいらっしゃるかもしれません。
いらっしゃったら自分でやるエクササイズを教えてもらったほうがいいでしょう。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

両足底腱膜炎

「両足底腱膜炎です。
両足裏足甲足首痛いのは当たり前、ふくらはぎ、すね、ふともも、股関節そしてお尻。
つまり下半身全体痛くて、痛みが移動するんです。
膝とふとももいたいなあ、と処方薬塗ってる途中で、すねとふくらはぎが痛くなるし、、、
そして、痛みが広がり、強くなっています。

踵は痛くないです
座っていても四脚は痛いです
さすったりあたためると痛みは緩和します。」

「極端な前重心のように思いました。
履き物を変えたのでしょうか?
なにかトレーニングやられていますか?

やってみないとわかりませんが、室内で後歩きをお試ししてください。
一畳あればできます。
後ろ向きに歩くだけです。
5センチくらいの小刻みに歩くのがコツです。
2-3分くらい。

少しでも楽になるようならば、1時間おき・2時間おきくらい繰り返します。」

「私が手の腱鞘炎になったときとにています。
パソコンをはじめたとき、マウスに当てる指の当て方が悪く、右上半身が手・腕・肩・と背中が激痛で全く使い物にならなくなり難渋いたしました。
ある方のアドバイスでウソのように快方に向かったことがありました。

貴殿の場合、踵が痛くないのですから前重心だと考えました。
極端な前重心ですと脚の前面・足の甲・つま先が固くなるようです。
344の画像のように前脛骨筋tが挟めないと思います。
後側ふくらはぎはまだまだ弾力があるかと思います。

単純に前重心にすぎた結果と見ました。
それを治すのなら後重心に歩けばいいと思っただけです。
奇効を奏すかもしれません。
2-3分やってみればすぐ結果はでるでしょう。

症状からは座骨神経痛のようなものかもしれません。
その場合はまた別のアプローチを考える必要もあるでしょう。

歩行時の姿勢がからくるものです。
クスリ・湿布等は症状の緩和に役に立ったとしても根本解決にならないでしょう。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

足首からくる目眩

「グルグルくるのはメニエールでしょうか?
頭痛型のめまいでもグルグル回転になるのですか?」

「めまいの原因は首の硬化あるいは足首硬化から、目もしくは耳に来ての結果と考えています。
私の場合は足首からでした。
横断歩橋でさえ恐くなりました。
病気診断なら医師に聞いた方がいいでしょう。」

「足首のご指摘ありがとうございます
じつは足首を三ヶ所骨折してから、めまいがでてきました。でも医師は関係ないといいます。
もう少し足首との関係を教えていただけないでしょうか。」

「やはりそうですか?
その医師は不勉強なんでしょう。
手首・足首・首は関連しているそうです。
足首が固くなっていると首にきて、そしてめまいの発症に繋がったと見ます。
3箇所も骨折の由、足首が曲がってくっついているかもしれません。

私はO脚・外反母趾であり、姿勢・歩行の改善で一応治せて自慢しておりました。
ところが油断していたらまた復活し、その上、足底腱膜炎で: 間欠跛行です。
横断歩橋が恐くなったのはこのときです。

その後も姿勢・歩行の改善に取り組んでおり鈍痛はあるものの、まあまあ普通に歩けるようになっています。
でも足・脚は固くて、このままだと転倒の危険がありますし、さらに試行錯誤を続行中です。

OO先生のコミュに参加されていますが、治療を受けられたことがあるのでしょうか?
もしまだならば一度受けられたらいいと思います。
それから、この先生が考案された不思議靴下”ヤギ足くん”があります。
これも一定の効果が期待できます。お勧めです。」




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時