「股関節の内旋が病気をつくりだす」

「股関節の内旋が病気をつくりだす」という本を読んでいます。
著者は磯谷式力学療法の二代目である。

足先が内側にねじれていて、膝が内側にに入って締まっている状態を股関節の「内旋」というとしています。
磯谷式では、多くの病気の原因は「左右の足の長さの違い」から来る「股関節の(ゆがみ)にある」が基本的な考え方です。
この股関節内旋が難病やがんをはじめ、いろいろな病気の根本原因になると、この本ではいっています。

「なぜ股関節が内旋するかといえば、多くは日常の生活習慣が原因です。
昔は和式トイレでしゃがみ、終わったら立ち上がるという動作で毎日筋力を使っていました。
日常的によく歩き、階段を昇り降りでも筋力を保つことに役立っていました。
しかし、いまはどこへ行ってもエスかレターやエレベータがあり、洋式トイレがあります。
こうした楽な快適な生活を積み重ねていくうちに、日本人の筋力が衰えてきてしまったのです。

とくに問題なのは、最近の若い子にとても多い「ベタ座り」です。
また、モデルさんの姿を真似したかのように、乗り物に乗っているときは足を深く組んだり、
かかとを左右に大きく開いて内股にしたりと、昔では考えられない姿を見るようになりました。
このような生活習慣から股関節の内旋状態がつくられ、様々な病気が増えてきたのです。」

この辺のことは、筆者もこれまで書いてきました。
それより「立ち方・歩き方」をより重視し、そのなかで吸収し調整していきたいと考えています。
筆者は利き手・利き足はともに右側で右足が外に大きく開いていました。
左足は内旋してはいないのですが前向きになっていました。
現在は調整して、両足とも前を向いているのですが、調整にオーバーランの傾向がでてきました。
いっとき、歩行に不自由したのもその所為らしい。

先代の磯谷公良は自分の右足の靴底が異常にすり減っていることに気がついていたそうです。
だが、不整脈を起こして自分の構築した磯谷療法の理論通り右足が長くなったための循環器疾患で他界されたと由。
筆者も調整されてきたものの、まだ右足靴底の減りが大きい。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

骨の老化防止法

メラトニンは眠りを誘う、『睡眠ホルモン』と知っていましたが、骨の老化防止ホルモンでもあるとは知りませんでした。

転倒から大腿頸部の骨折が175,700件も起きているそうです。
その原因は骨粗鬆症、メラトニンは活性化した破骨細胞の働きを静めてくれるとか。

無重力状態では宇宙飛行士の骨や筋肉がやせ細り地球に帰還したとき立っていられなくなるそうです。
それをメラトニンによって防止できないかという実験を宇宙飛行士野口総一さんがやっていました。

メラトニンを十分に分泌し、骨折予防の方法が紹介されていました。
それは夜11時頃眠る方は朝7ー9時の間に20分から30分太陽の光に当たるだけです。

上記は大変重要だと思うのですが、同時に腸活も大事です。
この手の放送で腸活・腸内環境の改善に触れないのは残念に思います。

出演者のかたもメラトニンは脳内分泌されるといっていました。
セロトニンやドーバミンも脳内分泌は10%で腸内分泌90%だといわれています。
メラトニンも同じでしょう。


たけしの家庭の医学 骨の老化防止SP PART1
https://www.youtube.com/watch?v=_hKpeuVlpRU
たけしの家庭の医学 骨の老化防止SP PART2
https://www.youtube.com/watch?v=BuNkDlPnbk8
たけしの家庭の医学 骨の老化防止SP PART3
https://www.youtube.com/watch?v=83GVbEGI0_U



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

自分で出来る簡単足・脚・腰調整法ー2

8,足裏の拇指丘ー小指丘が痛いときはかかと歩き20秒くらい1セットです。後歩きも有効でしょ  う。室内で20秒単位で歩いてみてください。
  足裏の踵が痛いときは、つま先歩き20秒くらい1セットです。

9,踵落とし、6のチエックで膝の高い方を10-20回くらい
  両ひざの高さが同じ時は両足交互にやります。

10,脚の前面挟み、すねつかみ)、脊柱管狭窄症で間欠跛行のかたが1ヶ月くらいで改善した症例があります。
  脛骨の前面の前掲骨筋を真ん中に寄せるようにして挟む。
    膝のお皿の下5㎝くらいと踝の上5㎝くらいはやりません。

11,合掌両手ゆらし、脊椎の曲がり調整に威力があります。腰椎の曲がりも調整されます。
   http://kokyujyuku.web.fc2.com/okk/kenkoho7.htm
12,座礼、姿勢をよくします。
   http://kokyujyuku.web.fc2.com/okk/kenkoho15.htm
13,茶筒、立位にて小刻みに膝の屈伸です。足首・膝・股関節の調整です。
   
どのエクササイズも大変効果があるのですが、ムリは禁物です。
痛みが出るときは痛みのでない範囲で、あるいは痛みのでないよう工夫してください。
それがムリならばそのエクササイズは中止してください。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

自分で出来る簡単足・脚・腰調整法

語り・朗読の会をやっております。
総員12名、50台の方が2名、後は60台・70台の方々です。

皆さん、それぞれに歴史のあるお身体と思うのですが、
歩く姿を見ていますと半数位の方が脚・腰に痛みをお持ちのようです。
最近の気候不順もあるからか、自分も含めてですが多いなあとビックリしました。

そこで自分で出来る簡単な調整法を書いてみました。
まずエクササイズの前後に身体のゆがみをチエックする習慣をもってください。
バンザイ・前ならえ・前屈でわかります。

エクササイズが強すぎたり間違ったり合わなくなると左右差が大きくなり、前屈が固くなってきます。
前屈はストレッチではありませんので軽く曲げて測定します。
ペットボトルにスケールを貼り付けて測定すると簡単にしかも正確に測定できます。

1、一直線平行歩き
  前方に一直線を想定し、その直線に沿わせて両足交互に着地しながら歩きます。
  散歩あるいは買い物の前後にバンザイ・前ならえ・前屈で較べてみてください。
  続けるほどに足腰の痛みは出にくくなってくると思います。
  同時に軽いグーであるくと浮き指防止・改善になるでしょう。

2,就寝前の仰向けゆっくり呼吸
  スコンと眠れたらO,目が冴えてきたら×です。
  続けるほどに搗きたてのモチみたいな身体になることも可能です。

3,不動真言発声法・吹き矢の呼吸法
  日本人は昔からハラ・丹田を重要視してきましたが、明治以降の西洋文化流入に押し流されて失伝して死語になったようです。
  続けるほどにハラが鍛えられます。
  吹き矢を遠くに速く飛ばすつもりで吹くとお腹のまとまりが実感できます。
  これを五回単位で繰り返します。
  これ自体が身体のバランスを整えるエクササイズでもあります。

4,腸活、筆者は四年前から茶麹+納豆一パック毎日とり続けています。
  髪の毛が黒くなり爪の縦じわが消えて、シミも薄くなってきました。
  糠漬けもいいようです。

5,その場お尻歩き(お尻ゆらし)
  正座・椅子がけ、あるいは前方に両足を前に伸ばして行います。
  そけい部を動かすことでリンパの流れが大きく変化するようです。

 6,股関節は人体の関節で一番大きく大変重要です。
   ときどきはチエックして置きましょう。
  左右差が大きければ調整する必要があります。(踵落とし・一直線平行歩き等)
  ① 仰向けで左右の足の倒れを見ます。内向きか、外向きか?
  ② 左右どちらの倒れが大きいですか?
  ③ あぐらの姿勢で足裏を合わせ引き寄せ、左右両膝の高さを較べます。
    どちらが高いでしょうか?
   ①で外向きの方の膝が高いときは足首がねじれています。

7,足のグー・パー
  息をゆっくり吸いながらグーをやり息をゆっくり吐きながら戻します。
  同様に息をゆっくり吸いながらパーをやり息をゆっくり吐きながら戻します。
  足の筋肉バランスを整えます。足は殊の外重要です。 特にグーの方。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

重心は最下部にあり

熊本城は、築城の名人といわれた加藤清正が、7年の歳月をかけてつくりあげ、難攻不落といわれています。

石垣は「武者返し」とよばれ、上にいくほど垂直になる美しい曲線を描き、敵を寄せつけません。

敵を防ぐ意味と、もう一つは外側にくずれにくい構造にもなっています。

前にも紹介しましたが、特に四隅は「算木積み」といわれる長方形の長い石を交互に組み合わせて地震に強く作られています。

これも加藤清正の創案によるとか。
http://www.uraken.net/museum/castle/guide08.html

熊本地震で一部崩壊しましたが、全崩壊しなかったことの方が驚きです。

人間の足のことを考えていると、いつもお城の石垣のことを考えてしまいます。

しっかりとした石垣があるから、その上の建造物が守られていると思うのです。

足は28個の骨と筋肉・靱帯等で構成されており、実に複雑微妙な動きに対応しております。

石垣と違って、こちらは日々刻々と動いています。

一度壊すと修復がなかなか難しくなるのは当然といわねばなりません。

「物体の重心はその最下部にある」といったの心身統一合気道の藤平光一でした。

足は人間の全体重を引き受けて人の生活を支え続けています。

ムリが続くと壊れてきます。まず壊れない歩き方が確立されねばなりません。

だが、たいていは 足のことは忘れている。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時