司馬遼太郎 大和大納言

今年の発表会は次の2作品をやります。
宮沢賢治  よたかの星」
司馬遼太郎 大和大納言(豊臣家rの人々)

大和大納言は豊臣秀長、秀吉の弟である。
豊臣秀吉は日本史上、いや世界史上、稀に見る栄達を遂げた人物である。
足軽から関白太政大臣にまで出世を遂げた非凡な彼の平凡な親族達は、その境遇に戸惑い苦しみ多くの悲・喜劇を生み出していく。
大和大納言ー豊臣秀長は、この豊臣秀吉の異父弟であり幼名を小竹、その後、小一郎と改称し、兄・秀吉に仕官し木下小一郎秀長と名乗る。
秀長の由来は、織田信長と秀吉から1字ずつ貰ってつけたものらしい。

豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍を見せ、秀吉の天下統一に大きく貢献した。
最終的には大和・紀伊・和泉の三ヶ国に河内国の一部を加え、約百十万石余万石の大大名となるに至る。また官位も従二位権大納言に栄進したことから、大和大納言と尊称した

短期間で成長を遂げた豊臣政権下にあって、徳川家康や伊達政宗など多くの外様大名を抱える豊臣政権において抜群の調整力を発揮し、政権の安定には欠かせぬ貴重な人物であり歴史上稀に見る名補佐役であった。

残念なことに小田原征伐に体調から参加できず間もなく病死した。
人格・識見ともに優れそれ故に一説によると毒殺されたという説もある。
彼の死後、豊臣家の崩壊がはじまる。

何故この作品を選んだかかというと秀長の人柄に好感を持ったからです。
秀吉は織田軍の岐阜城進行のときはこの弟に陣の留守をさせた。秀吉はこの合戦では、蜂須賀党の軽兵僅か率いて岐阜城の裏山から間道をを縫って場内に入った。出発にあたって小一郎に言いふくめ、「わしの一手は城内に忍び入りなかから閂をはずす。
そのとき、合図として棹につけたひょうたんを高々と掲げる故、それを見たらすかさず外から門を開いて城内に討ち入り、わしと合流せよ」と諜しあわせた。
もしこの手はずが狂えば、秀吉は城内で自滅しなければならないであろう。が、小一郎は呼吸を合わせ、指示されたとおりのことをみごとにやってのけた、
「よい弟御をもたれましたな」とかの竹中半兵衛が祝福したほどであった。」

竹中半兵衛陣中で宿唖が再発し、床についた。小一郎が見舞いにかけつけたときは、半兵衛の容態はあすおも知れなかったが、かれは小姓に背をささえさせて身を起こし、「申しおきたいことがござる」
と、墨俣以来の従順な弟子のためにすでにかぼそくなっている息を振り絞った。
「身の安全を期せられよ。兵法の究極の極意は、それでござる」
半兵衛の心配は、小一郎の評判が大いに騰がっていることであった。騰がれば、自然、心もおごる。傲岸になり、他の書証の恨みを買いmどのような告げ口を築州殿(秀吉)にせぬともかぎらぬ。功を樹てればすべてそれを配下の將ににゆずれなされ。諸將は功名をを立てることによってのみ世に立っているが、あなたはたとえ功なくとも筑州どの弟君であることにはかわりがない。
「いままでも、そうなされてきた」と、半兵衛は、あらためて小一郎のこの十数年の業歴をほめた。
いっさい表には名をあらわさず、功は配下に帰し、秀吉の名代になっても、秀吉のみを立て、自分の存在を誇示するようなことがなかった。

「よいお性質におわす」
しかし、これからはどうかわからない。とくにこの播州路での小一郎の働きはめざましさと評判は、かれの人柄をあるいは変えてしまうかもしれず、半兵衛はそれをおそれた。
「影のようになりなされ」と最後にいった。
秀吉の影に、それのみで満足し、小一郎秀長という存在は捨てよ、というのである。前途を思うに、それ以外にあなた様が世にある場所がない。兵法の極意はついにはわが身を韜晦することにある、よろしいか、と半兵衛は念を押した。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

ネアンデルタール人

ネアンデルタールについて当ブログに書いたことがあります。

ヒトの誕生・直立2足歩行興味のあるテーマであります。

ネアンデルタールなぜ滅んだか?2008-10-04
http://http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-1432.html

「ネアンデルタール人がホモサピエンスの先祖ではないがネアンデルタール人の脳容量は現生人類より大きく、男性の平均が1600cm3あった(現代人男性の平均は1450cm3で身体も頑丈だったらしい。

なんで姿を消したのか?気候変動の所為といわれているがそうだろうか?
それならホモサピエンスはなぜ生き残れたのだろうか?

ネアンデルタール人は頑丈な身体を持っていたといわれている。
多分それが原因ではないかと考えている。

身体の弱い人ほど感性・感覚は鋭い。
身体の丈夫な人間ほど無茶や無理をする。

ネアンデルタール人が絶滅したのはその身体の頑健さであり、現生人類が生き残ったのはそのひ弱さからくる感性・と感覚の鋭さがあったからfではないかと考えている。」と書いている。

ユーチュブでいろいろありました。
https://www.youtube.com/watch?v=nK8LXh_9uSs
https://www.youtube.com/watch?v=QM9hM7KXCHw
https://www.youtube.com/watch?v=j2A_pzxFZXA




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

一遍上人の歌

【武田鉄矢】南無阿弥陀仏の常識を覆した一遍のスゴさ
https://www.youtube.com/watch?v=RmH5GaR7kgk

遊行寺、鎌倉に本山があり、語りの師匠がここで公演をやられたことがあり出かけたことがありました。
小栗判官、台本に遊行寺がでてきます。

鎌倉時代というのは、日蓮・法然・親鸞と日本の仏教界の巨人が続出した時代でした。

修業時代一遍の読んだ歌
「唱うれば仏も我も無かりけり 南無阿弥陀仏の声のみぞして」

師匠からダメ出しされて作り直した歌
「唱うれば仏も我も無かりけり 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」






いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

難病は人類の退行進化のあらわれだ!

生命記憶を探る旅—三木成夫を読み解く(2016)
book049-699x1024

すべては
「胎児の世界」から始まった
がん、糖尿病、アトピー、脳梗塞、精神疾患、「難病」は、人類滅亡への「退行進化」のあらわれ。ゲーテ、クラーゲス、ヘッケル、三木成夫によって切り拓かれ、現代医学が葬り去った「真の医学」の正統「重力進化学」が、あなたの健康をも取り戻す!

●序章 「胎児の世界」が指し示す生命の歴史
●第1章 三木成夫だけが見抜いていた科学的な真実
●第2章 ダーウィニズムからの脱却
●第3章 三木成夫の生命の形態学を検証する
●第4章 わが「重力進化学」は三木学説の発展形
●第5章 「生命記憶」を探る巡礼の旅は終わらず
●終章 人類が滅亡への渦から逃れるために

河出書房新社/¥1,800(税別)/2016

西原克成博士の講演を聞いてから20年以上も経つし、本も数冊持っています。
筆者は三木成夫博士(1925 - 1987)の講演も聞いていますし本も読んでおります。
すごい迫力のある話し方をされていました。
芸大の講義で授業が終わると学生達がスタンディングオペレーションをやったという伝説があるらしい。

武田鉄矢さんが何回も取り上げています。
「難病は人類の退行進化のあらわれだ!真の医学で退行進化を阻止できるのか!?」
https://www.youtube.com/watch?v=oINQO8kYILA

ダーウインは遺伝子の些末な変化で進化論を説いている。
しか、ダーウインは解剖学をよく知らなかったらしい。
西原博士は解剖学を知らずして進化論を語るなかれとまでいっている。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時










「菜の花の沖」

司馬遼太郎の作品はずいぶん読みました。
特に
「龍馬がゆく」
「坂の上の雲」
「翔ぶが如く」
「播磨灘物語」など夢中になって読んだものでした。

お陰様で乃木大将や伊地知参謀長を愚将・凡将と思いこんでいました。
その認識を改めたのはごくごく近年のことです。

あらまし読んだつもりでいましたが、「菜の花の沖」は読んでいませんでした。
図書館で立ち読みして面白くなり借りてきました。
四巻まで読みました、後まだ二巻残っています。

若衆宿に入るに必要な祝儀代も事欠くような極貧の農家に生まれた嘉兵衛が、網元の娘と駆け落ちし腕っこきの船頭となり、さらに豪商に成長していく物語です。
司馬遼太郎の文章を引用してみよう。

まずおふさから、
「おふさは京顔といわれていた。浜そだちにしてはめずらしく色白で、目鼻だちが小ぶりにととのい、笑うと小さなあごがくびれて可愛かった。おふさがいかに美しかったかということが、永く土地の伝説としてのこったことをみても、若者たちが、魅かれていた彼女の容姿は尋常なものではなかったのだろう。
全体に小造りだが、身うごきにリズムがあり、針仕事の手の動きでさえ、若者たちにとって見飽きることがなかった。というよりおふさがそこにいて、若者たちはことさら視線をむけなくとも、リズムで彼女を感じることができた。
だれもが、おふさを大切にしていた。かって若衆の中で軽薄な男が、路上で元気のないおふさに会い、つい冗談で、
・・・・・・潮か。と、いった。月のものか、という意味である。からかった若者はそういっただけで、後で宿の評定に引き出され、中若衆たちからさんざん油をしぼられた。」

ついで嘉兵衛である。
おふさと二人御番所の前を通ったとき嘉兵衛のことばにおふさがころころと笑ったのを役人に咎められた。
「御番所の後門前で笑うとは、上をないがしろにしたふるまい。存念を言え。なぜ笑った」
「屁の話をしたのでございます」
「屁をhったのか」
「とんでもございませぬ。物のたとえを申しただけでございます」
「なにを屁にたとえたのだ」
嘉兵衛は一礼しておふさのもとにもどり、小声で、旅籠に帰っておれ。後は自分が応対する、といって逃がし、童心のもとに戻って、
「御役人衆は屁のようなものだ、と・・・・・・・・・」
と両眼に力を込めて言い、言いすてるとゆっくり立ち去った。同心は嘉兵衛の気魄におそれたのか追ってこなかった。
嘉兵衛は逃げたわけではない。立ち去っただけであった。もし追ってくれば御番所へゆき、与力にも会い、必要なら大阪まで行って町奉行の前に引き出されてやろう、と覚悟した。
といっても、どうなる相手でもない。しかし肚だけを据えると、二つの脚で立っているだけの人間になり、身分制の衣装をぬぎすてた裸の気分になった。
気魄は、裸の心境から沸きおこった。それが炎立つようにして相手に感じさせたらしい。同心の表情にひるみが浮かび、あわてて左右を見まわしたのは、仲間をのとめるつもりだったのだろう。
このため同心は、嘉兵衛の名も、生国、寄留先、職をきかずに取りにがしてしまった。
この経験は、嘉兵衛の生涯に影響した。
こちらが」裸の人間としての尊厳をもちさえすれば、相手も身分制や立場の衣装をぬいで裸にならざるをえないという人間関係の初等力学のようなものが、嘉兵衛の腑のなかに棲みついた。」

上記の文でおふさと喜兵衛の姿を眼前に見るような気持ちになりました。
司馬遼太郎の筆力・文章力に改めて感心してしまった。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時