なぜ、腹を引こめるのか?

ときどき、ガラス戸にときどき自分の横から見た姿を写して見ています。
ここひと月くらいですこーし背中が丸くなっていました。

近所に住むある女性、元民生委員、80過ぎかと思います。
この間お見かけしたとき、背中、肩胛骨の辺りがウンと丸くなっていました。
3年くらい前の民生委員当時はシャキッと立って、目がキラキラして聡明さをうかがわせる方でした。
腰痛で民生委員をやめられたのですが、お見かけする度に背中が丸くなってくるようです。

椅子がけでも正座でもあぐらでもお腹の力が抜けていると背中が丸くなってきます。
ハラ・ハラといっていながら筆者のやっている時間が少ないというかやり方が甘くなっていたようです。

ところが、一々ハラ・ハラといわなくとも、意識せずに自然とお腹に力が入っている方もいらっしゃいます。
合気道10段の藤平光一がそうだったのでしょう。

自分の師でもある中村天風にむかって、「御大は間違って教えている」といって意見したと書いています。
藤平光一はハラを凹ませる必要のない人であり、中村天風はハラを凹ませる必要のあったお方だったのでしょう。
ホンのチョット、ハラを凹ませるだけ上半身・背中・首が伸びてきます。

前にも書いたのですが、藤平光一は神道の「みそぎの行法」に幾度も参加されたようです。
この行法は「とほかみえみため」と大きな声でしっかりと称えるのだそうです。
声が小さいと先輩からどやされるとか。
合気道関係者は藤平の紹介で大勢体験されています。

語りの教室で不動真言を使った発声練習を思い出します。
発声練習でハラができてくるということです。
日本人は骨盤後傾タイプが多いので、ハラ・ハラといってきたと考えました。

もう一つ、気功でいう「站椿功(タントウコウ)」があります。
自然にお腹がまとまってくる立ち方を目指しているのだと考えrています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

立ち方・歩き方

カバゴン阿部進氏のことを書きました。
2回の転倒で肩関節・股関節の手術をされた由ですが、
多分、足のゆがみが大きくなっていたのではないかと思われます。
猛暑の影響もあろう。

じきに89才になる語りの師匠も3回転倒されたとか。
でも骨折はなく至って元気で次の公演の指導されている。
人事ではなく、筆者自身股関節の痛みで歩くのに不自由した時期がありました。
転倒ー骨折にはなりたくない。

それには、足のバランスが重要だと立ち方・歩き方に注意しています。
立ったとき足裏に平均した重量を掛け、それをキープしながら歩こうと考えました。
とはいうものの、自分のクセを変えるというのは大変です。

すぐ忘れてしまいます。
躾という和製漢字があります。
しつづけるから躾というのだと書いたことがありました。

いまは普通に立つと外反母趾の拇指丘部分が若干出っ張ります。
以前に較べれば1/3の以下ですが出っ張ります。
それを体重の掛け方で出っ張りは一時的に引っ込みます。
それをなるべくキープするようにして歩くようにしています。

一時酷かった左股関節の痛みは収まっていますが、今度は右股関節に痛みが出ることがあります。
どうも左右重心と前後重心のバランスの問題らしい。
上半身との関係もある。
猛暑→熱中症→失神→転倒も考えておく必要がありそうです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 




猛暑日への対応が整ったらしい


血圧というのは、すごく変動しやすいもののようです。

姿勢との関連で考えると、猫背になっていると上がる傾向があるようです。
大動脈・大静脈がみぞおちのすぐ下を走っていますから、ここが圧迫されたら血流が悪くなるのは当然でしょう。

同様にうつむきの姿勢ならば、脳へいく血流がながれにくくなるでしょう。
足首が固くなっていれば、これまた身体の末端にいく血流が悪くなり、冷えやなんかの原因になるでしょう。

今朝の血圧です。
1回目   91-151
2回目   80-163
3回目   64-159

先日の猛暑日の101-184は落ち着いています。
数日前に怪しい治療法を受けたことも効いているようです。
今までにないまともな数値です。

一回目でも年齢+90の範囲に入っています。
猛暑日への対応できる体勢が整ったようです。

2回目、お腹を凹ませて上体を真っ直ぐにして図りました。
3回目、尾骨の巻き込み意識しました。
お腹の凹ませも尾骨の巻きこみも力みなくやるといいような気がしています。

姿勢が自律神経に大きく影響するのは間違いないでしょう。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

腰を入れるがハラの前提

「ハラのポジション」先日書きました。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4421.html

どうも最近お腹の支えが抜けていることに気がつきます。
これまで散々、人様に「抜けいる」と指摘してきました。

ところが自分のヌケが自分で気がつくようになりました。
そういうときは教室で先生から「もっと大きな声で」といわれるようです。

自分じゃチャンとやっているつもりで抜けています。
何故だろうと思ったのですが、「お腹を引っ込める」の意識が飛んでお留守になっています。

そういうと臍下丹田は意識を置くところといういい方に納得がいきます。
何かやりながらも常時丹田をいつも意識していることが必要不可欠ということになります。

机のなかから茶色になった古い新聞の切り抜きが出てきました。
狂言の野村万蔵氏が書かれたものである。何世か不明。

「腰を入れる」と狂言ではやかましくいうが、これは修練によって自然に会得さるべきもので、単に説明では覚えられない。
狂言の姿勢づくりは、

一、腹を張り腰を後へ引いて力を入れること、
一、ひざをやや屈曲すること、
一、胸郭を開き前肘を張ること、
一、あごを胸の線まで引くこと。
の四つくらいで、上半身は肘を張り、手先に力を入れず、肘を主に手先を従にして、あらゆる型を行う。

「豆腐屋ア」と父はよくこうどなって叱られたという。
腰が安定しないうちは、誰もが言われる小言であると書かれていました。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

入浴事故死は交通事故死の4倍

日記転載

交通事故死者の4倍。なぜ高齢者の「入浴事故死」が多いのか?
http://e.mag2.com/2pLc8ts

昨年3月、71歳になる知人が急死浴槽で浴槽で死んでいるのを発見されたそうです。
10月には俳優平幹二郎さんが同じく浴槽でなくなられていたとか。

「年間の交通事故死者は5000人以下になってきているが、入浴とそれにまつわる事故死者は、年間約2万人もいるとされる。

こうした入浴事故の多くは、「高齢者」で「冬」に、「熱い風呂」で起きている。 直接の死亡原因は「脳卒中」「脳梗塞」「心筋梗塞」である。

入浴によって汗をかくことで血液粘度が増すと、血管が詰まったり、破れたりすることにつながる。 だから、入浴前後の水分補給が重要なのである。

高齢者に事故が多いのは、加齢によって血管が詰まりやすく、破れやすくなっているからであろう。

加えて冬は気温が低く、血管が収縮しているうえ、熱い湯に急に入ると、血圧が急上昇して、前述のような事故につながりやすいわけだ。 こうした血圧の急上昇のほか、風呂を上がるときにいきなり立つと血圧は急降下する。

血圧の急激な変化は、立ちくらみなどにもつながって、転倒事故にも結びつくことになる。 風呂上がりは、全身が水圧から開放されることで、血流が全身に回るようになって、その代わりに脳の血流が減る。 するとこれは脳貧血につながって、やはり転倒事故を引き起こすことも少なくない。」

「平時でもこれだけのリスクがあるわけだから、飲酒をしたらいっそうリスクが増えるのは言うまでもない。 宿の夕食時にたっぷりと酒を飲んでしまったら、その後の入浴は避けることも重要だ。 ちなみに「高齢者入浴アドバイザー協会」では、「深酒したときは入浴禁止、晩酌程度であれば、1~2時間後に入浴すること」としている。

アルコールは血管拡張作用があり、入浴するとさらに血管が拡張して、急激な血圧降下、脳貧血、不整脈を起こしやすい、とその理由が書かれている。」


最近の湯船は、舟のような形で手足を伸ばすにはよいが、足を滑らせたとき起きあがりにくい構造だと思う。
昔ながら丸型・角形ならば、湯船に横たわって発見されることにはならないのではないか?



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時