立腰が自然にできました

股関節が痛くて、一時歩くのさえ不自由していました。
いろいろ試行錯誤をして一応まともに歩けるようになりました。

でも、股関節の違和感が残っていました。
そこで、一年くらい前から語り・朗読教室でやっていた準備体操にある
お尻ゆらし(その場お尻歩き)を毎日やるようになりました。
椅子に腰を下ろして左右のお尻を交互に動かすだけです。
そけい部は下半身のリンパの急所だそうです。
動かすことでリンパの流れがよくなるようです。

続けている内に改めてこれはいいなあと実感が湧いてきました。
それは自然に腰が伸びて姿勢がよくなってきたのです。

立腰ということばがあります。
その立腰状態になったのです。
あぐらの姿勢でも腰が伸びているのです。

語り・朗読では姿勢が大変重要です。
股関節の違和感が取れてくると姿勢が安定してきます。
お腹に自然な力が入ります。

お腹に自然な力が入り、物理的に身体的に安定すれば、ストレスにも強くなると考えた次第です。
うつ状態脱出および再発防止に威力がありそうです。

日本立腰協会
http://www.tategoshi-japan.com/page313142.html

立腰とは、哲学者・教育者である森信三(もりしんぞう)先生が提唱された、腰骨(こしぼね)をいつも立てて曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現する、極めて実践的な方法です。
出典
幼児教育について|登龍館-豊かな心と言葉を育む
お気に入り詳細を見る
森信三先生は、立腰は「人間に性根を入れる極秘伝」と言い、
また、「この一事をわが子にしつけ得たら、親としてわが子への最大の贈り物といってよい」ともおっしゃっています。
続きは
https://matome.naver.jp/odai/2139411505667259601



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

やる気を出す法ー2

 「そうなんですよねわーい!
  動きながらウツになれなぃですし^^
 思考が停止してしまったらまず5000歩
  歩くようにします。。車や人にぶつからないように
 だけ気をつけてあとは足を前に出すだけです走る人

  気づいたのは4000歩あたりから草花に目がいく
 空が気持ちよく見上げられること晴れ
  そして5000歩こえると鼻歌が歌えます^^w
 個人差あるでしょうけれど動くのが最強ですね^0^」
  
「こめんrとありがとうございます。
実行されているんですね!
私は実行していない知識が多くなって頭のなかはゴミだらけだと思います。」

「病気の野良猫を保護したので、自然に体が動いてる感じです。
ちょっと動き過ぎて疲れたけど、そんなこと言ってられない。
こういう時は自分がロボットになった気分です。」

「コメントありがとうございます。
こころと身体が一つになって素直に反応されたのでしょう。

『錆び付く人生より擦り切れる人生の方がいい』
本の宣伝コピーから拾ったことばです。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

腸活&姿勢

本日の7時から、林修の今でしょ!講座
食生活・運動・睡眠・風呂・・・健康長寿1000人大腸差で驚きの新発見!!

「長生きのSP」
納豆ヨーグルトみそが最強だった
免疫UP No1 何!?


これまで腸活について何度も書いてきました。

髪が黒くなってきました。
シミが薄くなってきました。
爪の縦じわが細くなってきました。

先日も書いたように体調底上げに役立っていることは間違いない。
その反面、年相応の部分もあるし、年以上の部分もある。

20日ほど前に血管年齢を診てもらいました。
実年齢より若くでると期待しておりました。

ところがあべこべ、実年齢より10も上で表示されました。
手や足をギューッと締め付けて血圧を測定し、その差でみます。

あんなにギューッと締め付けたら血圧は高く出るだろう。
3年前に手の指先でみる血管年齢では実年齢より4才若く出ておりました。

半年ほど前は左股関節痛であるくのに不自由した。
足底腱膜炎で足のアーチもくずれている。

痛みはほぼ収まっているがアーチはまだまだ回復していない。
足が固くなっていることが血管年齢に大きく影響している。

一番影響があるのは、歩くときの姿勢であり、着地時の足裏への負荷の掛け方にあると試行錯誤を続けています。

腸活で内臓系は好転していくだろうが、筋・骨格等の運動組織はなんといっても姿勢である。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


平行立ち+外旋立ち

外旋立ちのと普通に立っている場合の比較実験のユーチューブを見ました。
双方各10人ぐらいずつ、立たせて振動を加えていきます。
普通に立っている方は、どんどん倒れていきましたが、外旋立ちの方は一人も倒れません。

外旋立ちの方が強いということを納得しました。
アドレスを貼り付けようと思い、検索したのですが見つかりません。

外旋立ちというのは両足先を外に向けて立った姿勢です。
相撲取りは全員外旋立ちです。

私は、礼法で教わった両足平行立ちをやってきました。
これもお勧めです。

この立ち方をキープしているだけで身体のバランスが回復してきます。
続けていると腰痛・膝痛になりにくくなります。

現在はこの「平行立ち+外旋立ち」を実験中です。
平行に立って、足首より上を外旋気味にします。

続けた結果はどうなるか分かりませんが、目下のところいけそうな気がしております。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

なぜ、腹を引こめるのか?

ときどき、ガラス戸にときどき自分の横から見た姿を写して見ています。
ここひと月くらいですこーし背中が丸くなっていました。

近所に住むある女性、元民生委員、80過ぎかと思います。
この間お見かけしたとき、背中、肩胛骨の辺りがウンと丸くなっていました。
3年くらい前の民生委員当時はシャキッと立って、目がキラキラして聡明さをうかがわせる方でした。
腰痛で民生委員をやめられたのですが、お見かけする度に背中が丸くなってくるようです。

椅子がけでも正座でもあぐらでもお腹の力が抜けていると背中が丸くなってきます。
ハラ・ハラといっていながら筆者のやっている時間が少ないというかやり方が甘くなっていたようです。

ところが、一々ハラ・ハラといわなくとも、意識せずに自然とお腹に力が入っている方もいらっしゃいます。
合気道10段の藤平光一がそうだったのでしょう。

自分の師でもある中村天風にむかって、「御大は間違って教えている」といって意見したと書いています。
藤平光一はハラを凹ませる必要のない人であり、中村天風はハラを凹ませる必要のあったお方だったのでしょう。
ホンのチョット、ハラを凹ませるだけ上半身・背中・首が伸びてきます。

前にも書いたのですが、藤平光一は神道の「みそぎの行法」に幾度も参加されたようです。
この行法は「とほかみえみため」と大きな声でしっかりと称えるのだそうです。
声が小さいと先輩からどやされるとか。
合気道関係者は藤平の紹介で大勢体験されています。

語りの教室で不動真言を使った発声練習を思い出します。
発声練習でハラができてくるということです。

発声練習をしっかりやらねばなりません。口パクは×です。
臍下丹田というようにヘソ下をキッチリ凹ませると
キレのいいメリハリの効いた発声が出来るような気がします。
ご自分にあった最適のハラのポジションを見つけてほしいものです。

日本人は骨盤後傾タイプが多いので、ハラ・ハラといってきたと考えました。

もう一つ、気功でいう「站椿功(タントウコウ)」があります。
自然にお腹がまとまってくる立ち方を目指しているのだと考えrています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時