腰を入れるがハラの前提

「ハラのポジション」先日書きました。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4421.html

どうも最近お腹の支えが抜けていることに気がつきます。
これまで散々、人様に「抜けいる」と指摘してきました。

ところが自分のヌケが自分で気がつくようになりました。
そういうときは教室で先生から「もっと大きな声で」といわれるようです。

自分じゃチャンとやっているつもりで抜けています。
何故だろうと思ったのですが、「お腹を引っ込める」の意識が飛んでお留守になっています。

そういうと臍下丹田は意識を置くところといういい方に納得がいきます。
何かやりながらも常時丹田をいつも意識していることが必要不可欠ということになります。

机のなかから茶色になった古い新聞の切り抜きが出てきました。
狂言の野村万蔵氏が書かれたものである。何世か不明。

「腰を入れる」と狂言ではやかましくいうが、これは修練によって自然に会得さるべきもので、単に説明では覚えられない。
狂言の姿勢づくりは、

一、腹を張り腰を後へ引いて力を入れること、
一、ひざをやや屈曲すること、
一、胸郭を開き前肘を張ること、
一、あごを胸の線まで引くこと。
の四つくらいで、上半身は肘を張り、手先に力を入れず、肘を主に手先を従にして、あらゆる型を行う。

「豆腐屋ア」と父はよくこうどなって叱られたという。
腰が安定しないうちは、誰もが言われる小言であると書かれていました。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

入浴事故死は交通事故死の4倍

日記転載

交通事故死者の4倍。なぜ高齢者の「入浴事故死」が多いのか?
http://e.mag2.com/2pLc8ts

昨年3月、71歳になる知人が急死浴槽で浴槽で死んでいるのを発見されたそうです。
10月には俳優平幹二郎さんが同じく浴槽でなくなられていたとか。

「年間の交通事故死者は5000人以下になってきているが、入浴とそれにまつわる事故死者は、年間約2万人もいるとされる。

こうした入浴事故の多くは、「高齢者」で「冬」に、「熱い風呂」で起きている。 直接の死亡原因は「脳卒中」「脳梗塞」「心筋梗塞」である。

入浴によって汗をかくことで血液粘度が増すと、血管が詰まったり、破れたりすることにつながる。 だから、入浴前後の水分補給が重要なのである。

高齢者に事故が多いのは、加齢によって血管が詰まりやすく、破れやすくなっているからであろう。

加えて冬は気温が低く、血管が収縮しているうえ、熱い湯に急に入ると、血圧が急上昇して、前述のような事故につながりやすいわけだ。 こうした血圧の急上昇のほか、風呂を上がるときにいきなり立つと血圧は急降下する。

血圧の急激な変化は、立ちくらみなどにもつながって、転倒事故にも結びつくことになる。 風呂上がりは、全身が水圧から開放されることで、血流が全身に回るようになって、その代わりに脳の血流が減る。 するとこれは脳貧血につながって、やはり転倒事故を引き起こすことも少なくない。」

「平時でもこれだけのリスクがあるわけだから、飲酒をしたらいっそうリスクが増えるのは言うまでもない。 宿の夕食時にたっぷりと酒を飲んでしまったら、その後の入浴は避けることも重要だ。 ちなみに「高齢者入浴アドバイザー協会」では、「深酒したときは入浴禁止、晩酌程度であれば、1~2時間後に入浴すること」としている。

アルコールは血管拡張作用があり、入浴するとさらに血管が拡張して、急激な血圧降下、脳貧血、不整脈を起こしやすい、とその理由が書かれている。」


最近の湯船は、舟のような形で手足を伸ばすにはよいが、足を滑らせたとき起きあがりにくい構造だと思う。
昔ながら丸型・角形ならば、湯船に横たわって発見されることにはならないのではないか?



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



フラット着地

昔、足のアーチは赤ちゃんが歩くようになってから15・6年掛かって完成するものだと読んだことがあります。赤ちゃんには足のアーチはないと受け取って、乳母車の赤ちゃんを見かけるとそばへ行って足を観察していたことがあります。

どうもこれは筆者の誤解らしく、足のアーチガチャンとあるように見えても、
足の筋肉は未完成であるということのようです。

赤ちゃんの足は、一応アーチ状になっていることが多いようです。
それが足を使うことで次第に筋肉がつき完成していくのでしょう。

それがムリな使い方を続けていくと、足のアーチ崩れてきます。
一旦くずれると元へ戻すことは、靭帯が伸びているので大変です。

この足のムリな使い方というのは、自分自身で意識しないうちに進行していきます。
結果気がつくとO脚・X脚・外反母趾・足底腱膜炎・内反小指などになっているということになります。

このムリな使い方の一つに反り指があります。
反り指は靴が合わないときになりやすいとされています。
それと後重心のときに発生しやすいとみています。

筆者の左足の1~4指の爪のところが水虫みたいになって、
最近になってきれいになってきたのですがなかなか治りませんでした。
なんでだろうと考えてきましたが、どうも反り指が原因らしいと最近気がつきました。
筆者は右前重心・左踵重心のクセが続いてきました。

踵重心が基本だと思うのですが、オーバーランは×です。
反り指で血流・リンパの流れ悪化から水虫状の症状も左足の冷えも発症したようです。

足のグーパーや茶筒・一直線平行歩きなどは、この後重心から来る足のゆがみ調整に威力があります。
続けるほどに調整されていきます。
その前に足のゆがみのでない立ち方、フラット着地になるように思うです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


片足立ちで靴下が履けますか?

4/21週刊現代の記事にロコモティブシンドローム(運動器症候群略してロコモ)ということばとサルコペニア症(筋肉喪失)ということばもありました。
ロコモティブシンドロームのチエックリストがありました。
この内の一個でも該当すればロコモだそうです。



筆者が股関節の痛みに悩まされたとき、15分どころか1分も連続して歩けなくなりました。
階段を昇るのも降りるのも手すりが欲しくなりました。

靴下を片足で立って履くなんてとてもとてもムリでした。
いまも自信はありません。
この最後の項目が一番わかりやすいような気がします。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

病気のほとんどは歩けば治る!?-2

お城の石垣を人間の足の骨に例えた。
足の骨は片側28個ある。
この骨の組み合わせが大変に重要のようです。

足のアーチ構造は大変に頑丈なのですが、
それを壊すほどムリ・無茶なというか片寄った使い方がされていると見ています。
その最も基本が立つことであり歩くことにあります。

直立2足歩行という足裏の小さな小さなスペースで全体重を支えています。
左重心・右重心、前重心・後重心、内重心・外重心、ということは、小さな小さなスペースで支えていたものが
更に足裏のさらなる極小スペースにその負荷が掛かるということになります。

ついひと月くらい前、語りの先生が、左目の下に脱脂綿を当てて現れた、
転倒された由、骨折はないという。
3日前、すぐ裏の奥様が全く同じく、左目の下に脱脂綿姿でした。
明日は我が身である、どう転倒すると左頬前面をぶっつけるのだろうか?
最近の気候不順が骨盤に影響しているらしい。

足裏に片寄らない負荷を考えると「フラット着地・すり足」がよさそうだと考えました。
古典芸能・武術の世界ではすり足ということになっています。
だが先日の週刊現代の記事のように、
筋力が衰えてくると足が上がりにくくなると転倒の危険がでてくることももまた事実である。
積極的にすり足で歩くことで筋力のキープ・鍛錬が必要とおもわれる。

足の筋力の維持・鍛錬ならば、毎日スクワット10回でも効果があります。
呼吸を合わせることで全身の筋肉バランスも整えます。
筆者は両脚を前に向けて、息をゆっくり吸いながら腰を下ろして、息をゆっくり吐きながら戻してやっています。
もし両足先を開いてやる場合は呼吸を逆にやる必要があるようです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時