また臍下の一点

お尻ゆらしを毎日続けることで「立腰」がわかって身についたつもりでした。
ところが先日の稽古で「抜けている」といわれた。
確かに声は出ていてもでも抜けているらしい。

この日、折たたみ椅子を両手にぶら下げて語る稽古というのをやった。
台本は他の人にもってもらって読める位置に置く。
両ひざは少し緩める。腰は反らせすぎない。

すると声が変わった。つやのある充実した声に変わった。
他の人もそうだった。
某劇団の稽古法だそうです。
それから腰を下ろしての通常の稽古です。

このことで思い出すことがあります。
昭和の剣聖といわれた中山博道が、若いとき師匠の命で重しをしょって稽古したという。
それと中村天風がインドで修業時代、瞑想する場所の往復時石をしょって往復した。
これも師匠の命だという。
先日、知人でいつも5㌔ぐらいを背負って歩いている方のことを書きました。

なんで「ヌケ」が出たのだろう。
気候の所為か?
6度くらいからいまは10度くらいと若干気温は上がっている。
気温があがると骨盤も動く。
姿勢も若干くずれたかも知れない。

ヌケがでないようにハラをキープする。
藤平光一は臍下一点に意識をおくといいつづけていました。
筆者は手っ取り早くハラを凹ませてやりなさいといってきました。

でも凹ませ具合は各人それぞれ違うし、
ベストポジションにあるかどうか、いつも観察していくことが必要でしょう。
筆者自身が気がつかずしてヌケ状態になっていることが多い。
いつも凹ませているので、もう凹みませんと答えた方がいました。
この方は抜けることがないのだろうか?




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

ウン?正座が出来ないぞー2

「ウン?正座が出来ないぞ」書いたのは1/18
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4635.html

語りのレッスンのときは正座でやることにしている。
それが前回は正座が出来なくなってあぐらでやった。

あぐらになっても、それほど姿勢はくずれなくなっているものの微妙に下腹が抜けるようである。
今朝、正座をすると足首が痛くて続けられない。

・足の甲側を伸ばすストレッチ・・・左右各10くらい
・茶筒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・足の内側を浮かせ気味にしてやった
・アキレス腱挟み・・・・・・・・・・・・・・踵ののすぐ上辺りを左右かから挟みゆっくり呼吸をする
・お尻ゆらし・・・・・・・・・・・・・・・・・・その場お尻歩き

上記の簡単な体操をやって正座を試みた。
思ったよりいい感じですわれる。

膝あたりが硬くなっているのがいい方向に作用している。
お尻と踵の間に紙一枚いれた感じですわれた。

本当は、もっとフンワリ座れるといいのだが、取りあえず座れた。
ほぼ1時間くらいである。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

「健康という文字」ー2

「正しい姿勢だと筋肉が勝手についていく」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4630.html

「正しい姿勢1分で腹筋15回やったと同じ効果があるとか。
座ったときの姿勢でいうと、背もたれを使わず、座骨の上で真っ直ぐな椎骨の状態をキープする。
頭が肩より前に出ている姿勢だと首・肩に痛みが出てくるし、骨盤が後継した姿勢だと腰に痛みが出やすく呼吸が浅くなる。 」と書きました。

正しい姿勢が出来ると、これが一番楽で長続きする姿勢だとわかってきます。
でも、そこまでいくのが大変です。

正しい姿勢を言葉で理解しても、体感ではわかりにくいと思います。
続けるほど少しずつわかってきます。
腹筋と背筋のバランス、骨盤の角度等々。

口で説明されてもこの体感がないと納得し難いものがあります。
この健康という文字を解明された方は、間違いなくこの体感があったと思われる。
ハラ、ハラとなんども書いてきましたが、正しい姿勢というのは、ハラが決まっているということになるようです。

最近になって生じてきた感覚があります。
猫背になっていると沈んでいく感覚がありました。
この最近の感覚というのは、沈んでいく感覚が消えて逆に上に伸びていくような感覚です。
同時にハラの前と後から押さえつけるよう感覚です。

「健康という文字」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4602.html
「今度は健の字と康の字です。
どちらも身体が真っ直ぐになっている姿を表しているのだといいます。
健の字は身体がしっかりと真っ直ぐに立つ姿を表しているということだそうです。
康の字はこれまた両方から真っ直ぐに立つように支えられている姿だそうです。 」






いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

正しい姿勢だと筋肉が勝手についていく

身体が健やかで心がやすらかなな状態、「健体康心」をいうのだそうです。
健康という文字は両方ともヒトの身体が真っ直ぐな状態を表している象形文字だという。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4602.html

TVの健康番組ででやっていました。
正しい姿勢1分で腹筋15回やったと同じ効果があるとか。

座ったときの姿勢でいうと、背もたれを使わず、座骨の上で真っ直ぐな椎骨の状態をキープする。
頭が肩より前に出ている姿勢だと首・肩に痛みが出てくるし、骨盤が後継した姿勢だと腰に痛みが出やすく呼吸が浅くなる。

首が15度前傾した姿勢で首に掛かる負荷が、頭の目方6㌔がさらに倍の12㌔になる。
更に背もたれを使ってケータイ時では3倍の27㌔だそうです。
27㌔というと、2リットルの水の入ったペットボトル14本分尼僧等するとか。

背もたれを使わないことはだいぶやってきて、慣れたのですが、股関節激痛が続いてくずれてしまいました。
また、挑戦しようと思います。慣れないと大変です。

腸腰筋を鍛える体操として椅子がけで膝を上げる体操を勧めていました。
膝を上げるとき息を吐きながらといっていましたが、これは違うようです。

私がやると息を吸いながら膝をあげ、息を吐きながら下ろすになります。
多くの場合、身体を動かすときは息を吸いながら、戻すときは息を吐きながらになります。

歩くとき、早めにし、少し大股、手は後に大きく振る歩き方ですと、筋肉が勝手についていく。
前に手を大きく振っているとゆがみが発生し腰痛の原因にもなります。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

またも「お尻ゆらし」お勧めです

「お尻ゆらし(その場お尻歩き)をお勧めすることが多くなっております。

お尻歩きというのは腰を下ろしてお尻を床につけたままで前進・後退を繰り返します。
お尻歩きは野口体操系と均整法系があります。
均整系では床に腰を下ろして、両手両足を前方に伸ばした七前進・後退を繰り返します。
野口体操系は両手・両足の動きにあまり制限せずに前進・後退を繰り返します・
お尻ゆらしは、前進・後退はせずに、左右のお尻を交互に動かすだけです。
お腹を凹ませてやると効果的です。

筆者の場合は、股関節の激痛があり、やれば多少なりとも軽減したが故にやらざるをえなかった。
脚の筋肉バランスが大きくくずれカチンカチンに硬くなっていました。

その痛みも長期に続きました。だから毎日やり続けることにもなったわけです。
もし痛みがなければ、とても続かなかったであろう。
ブロック注射を勧められたが断って正解でした。

股関節周辺はリンパの重要なポイントです。
この辺はリンパ管の全身分布図を一度見ておかれることお勧めします。

骨盤は左右の大腿骨で支えられており、股関節の左右差が大きいほど骨盤も傾いています。
当然、骨盤内に収容されている臓器の機能低下を招くことになってきます。
股関節は靱帯の中でい陳大きな関節です。
股関節をそろえ、柔軟性を維持しておくことは極めて重要です。菌は「お尻ゆらし」をよくお勧めしています。
それは股関節の痛みで歩くのに不自由していた自分を変えてくれました。

お陰様で、まずまずまともに歩けています。
その上、先日書いたように「立腰」まで可能にしてくれました。
普段の姿勢を変えるというのは、なかなか難しいものです。
短時間からできても、長時間となるとその方の生きてきたそれまでの歴史を背負っているからです。

特に昨今のスマホ・パソコンの普及とともに姿勢の悪化は著しいものがあります。
これは筆者自身のことでもあります。
平均年齢もすでに経過してロコモ症候群悪化の過程にありました。
それが半年~1年という短時間で回復するというのは驚異といえます。
でも鎮痛薬・解熱剤・睡眠薬・殺菌薬等の対症療法に慣れすぎた現代人は、半年以上もエクササイズを続けることに耐えられない方が多いようです。

やってみて痛みがでれば効かないと判断して、エクササイズをやめてしまう方があまりにも多すぎます。
このお尻歩きも、もし痛みが出るようならば痛みのでない範囲でやるようにします。
ご自分の身体に合ったやりかたを見付けて毎日継続去れることをお勧めします。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時