戦わずして勝つ

「戦わずして勝つ」あまりにも有名な孫子の兵法に出てくることばです。
織田信長に首を取られて負けた今川義元が、これの類稀な手腕を持つ名手だったそうです。
今川義元のマンガ売れているそうです。

先日のNHKの「知恵泉選「今川義元戦わずして生き残る極意注目の新資料」を見ました。
あの戦国時代にあって戦わずして生き残るとは?
有名なあの桶間の戦においても、そのはるか以前より入念な準備を整え出発した筈だったのです。

甲斐の武田家と敵対関係にありましたが、政略結婚を決意し武田信虎の長女を正室として迎えた。
これに怒ったのが北条家、今川家とは良好な関係にあった北条方に攻め込まれ領土を取られてしまいます。
そこで義元は満を持して挙兵、奪われた領土を取り戻し、そこから北条の領土には攻め込まず和睦してしまうのです。
戦わずして生き残る知恵の1、「相手のプライドを傷つけるな」

今川の領土であった土地を取り返した時点で和睦を申し入れてすんなりと以前の友好状態を取り戻した。
さえあには、長年敵対関係にあった武田を加え武田・北条・今川の三家を結んだ三国同盟に漕ぎつける。
武田は敵対関係にあった上杉との戦いに専念できるし、同様に北条も似た状況にあった北条も同盟に賛成した。
義元の息女が武田家へ嫁ぎ、その見返りとして武田家の娘が北条家へ嫁ぐ、さらには翌年北条家の娘が今川に嫁ぐということで強固な同盟となった。

戦わずして生き残る知恵その二、「相手が大切にしているモノを見極める」
長年不安定であったこの地に安定をもたらしたのである。
そこへ織田と対立関係に三河の松平家から応援の要請があった。
「義元はこれを機に人質を嫡男竹千代(家康)を要求され、11年におよぶ人質生活を送ることになる。」これが従来の定説である。
ところが新資料からすると、松平家は既に人質として竹千代を織田に差し出していたらしい。

三河を支配下に置きたい義元は人質奪還を狙って出兵した。
織田との正面衝突避け、織田の嫡男が城主をしている城を攻め信宏を生け捕りにし、信宏と竹千代と交換することに成功します。
竹千代の後見人ということで三河の支配をやっていきます。
家康はこの間に義元の考え・行動・戦略等をつぶさに学んだに違いない。

戦わずして生き残る知恵その三「相手の戦意をそげ」
あおの桶間の決戦においても用意周到な準備をしておったといいます。
尾張を強国に育て上げた織田信秀が死ぬとご存知の信長と弟の信勝の相続争いが始まります・
織田家の有力の家臣達を調略で寝返らせ、圧倒的な大軍二万五千の大軍を率いて出陣します。
義元は足が短いので馬に乗れなかったから輿に乗ったといわれていますが、これが違うといいます。
ある身分以上の人だけが輿に乗れたというのです。俺はこんなにえらいのだと見せるための輿だったというのです。

戦国武将ならば、みな「戦わずして勝つ」ことを目指していたtでしょう。
秀吉だって「鳥取城の渇え殺し」「高松城の水攻め」がありますし、島津攻めではそれこそ圧倒的な軍勢を見せつけ戦巧者の島津を屈服させています。
さらには北条攻めでもそうです。推定21万人も動員したそうです。
秀吉が武田信玄と上杉謙信が戦った川中島を訪れたとき、「ハカのいかぬ戦をしたものよ」といったという。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

風邪の予防(応用が効きます)

「栄養満点・睡眠たっぷり」とは言えない私が風邪をひかない理由
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4605763&media_id=253

【そんな悪条件下でも、健康を保つ秘訣がいくつかあるんですよ。一番重要なことは「風邪をひかないように気をつけなくちゃ」と思わないことです。この季節、風邪がはやり始めると、あいさつ代わりに「風邪に気を付けて」とか「風邪をひかないようにね」なんて言ってしまいがちですよね。あれ、実は逆効果です。なぜなら、脳は「否定型」を理解しないからです。

「風邪をひかないように」も同様で、そう思ったり言われたりした時点で、脳には「風邪を引いた自分」がインプットされます。そして、脳は思い浮かべたことを忠実に再現しようとする機能が備わっているんです。「風邪をひかないように」と思ってマスクをしたり手洗いうがいをしたりするのも同じことです。あまり意味がないどころか、その行為を行うごとに「風邪をひいた自分」をインプットすることになります。風邪もほかの病気と同じで、「風邪をひきたい理由」があるからその状態になるわけです。わざわざ風邪をひく必要性がなかったら、「風邪」そのものを扱わないことです。


ちなみに、「気合いで」風邪を治そうとするのも逆効果です。なぜなら、「気合いを入れる」=「それは難しいこと」だと脳に教えることになります。何かを行う時、「頑張る」「気合を入れる」「絶対にやると宣言する」といった行為は、いずれも「それは自分にとってハードルの高いこと」だとインプットすることになります。だって、息をするのに「気合い」を入れますか?「絶対に息をするぞ!」と宣言しますか?人は、自分にとって「難しいと思っていること」に向かい合う時に「気合を入れる」わけです。】




脳が否定形を理解しないということは知っていたが 、あまり使っていない。
おかしいと思ったときは葛根湯を飲むことはやっています。

風邪を引きそうなとき、吹き矢の呼吸法も有効だろう。
身体のバランスが瞬時に整う・血液循環がよくなるし気軽にやってすぐ忘れるようにやっています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

笑えます


「アナアナを笑い飛ばしてそら遠く」

三遊亭円歌師匠がなくなられて追悼句が押し寄せたそうです。

歌奴時代の「山のアナ」で一世を風靡した。
たいてい一度くらいは聞いているだろう。
御前講演でもこの演目をやったとか。

圓歌になって「山のアナ」は封印したとか、圓歌になって40年いまだヤレヤレといわれる。
それで代わりに作ったのが「中沢家の人々」たという。

これはまだ聞いたことがなかったので聞いた。
便利な世の中になったもので聞こうと思えばいつでも聞ける。

中沢家の人々
https://www.youtube.com/watch?v=yqYhnevfC78 (1,05分)
28分のもある。

山のアナ(授業中)もアップされています。

麹町の自宅にはトイレが三つもあるとか。
前妻のご両親、現在の奥様のご両親、自分のご両親とお年寄り6人と同居されていたという。

面白くない落語も多いが、これは笑えます。
まさに話芸である。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


続きを読む »

持ちネタ200のプロフエッショナル

プロフエッショナルというTv番組があります。

先日のは春風亭 一之輔師匠が主人公でした。
仕事の流儀、目の前を生きる~噺家・春風亭 一之輔~」とありました。

2012年、なんでも21人抜きで真打ちに昇進したという。
人間国宝柳家小三治師匠の強い押しがあったという。
真打ちになるには師匠たちの推薦がなければ真打ちになれないのだそうです。

引っ込み思案で内気でひねくれ者だった男が柳家小三治師匠をして
久々の本物といわしめた強烈な話芸の一端が伺える。
小学生5年生の時クラブ活動で、なるべく人数の少ないところへ選んだのが落語クラブだったという。
ちぎり絵に続いてぴりから2番目のたった4人の落語のクラブだった由。
小学生1200人のまえで初高座、全然受けなかったという。
たまたま浅草にいったときに春風亭柳昇師匠の落語に出会った。
ドカンドカンと大きな笑いをとっているのを聞いて、衝撃を受けて落語をやると決めたたという。

立川談志師匠が50のネタを覚えてきたら二つ目に、100覚えてきたら真打ちにしてやるといっていたそうです。
いつでも演じることの出来るネタがずば抜けて200とか。
短い文章も覚えられず四苦八苦しているコチトラには、とても想像のできない世界です。

200ものネタをどうやって覚えたのだろう?
稽古をするところを増やして、毎月2つ新しいネタを増やしていく。一年で24増えます。

古典は師匠や兄弟子たちの口伝によって身につけていくものだそうです。
39歳にのし掛かる期待と重圧、現在の自分の写し絵それが落語だという。

どうして自分のものにしていったのだろう。
高座に上がると毎回新しい発見がある、こういう間だとこうなる、なんだこう喋ればよかったのかとか。
お客様に育ててもらって、噺を大きくしてもらっている。
高座に上がってはセリフを見直し、また高座に掛ける、その繰り返しが噺を進歩させていく。
登場人物の人生を想像し背景を探っていく、それが物語をふくらませていく。

その日のネタは決めておかず高座に上がってからお客の雰囲気・反応からネタを決めたり、
お客の反応に応じて途中で変えたりもするそうです。

1年間になんと900回も高座に上がるという。
2年先まで予約が入り、曜日まで分からなくなるという。
それでも不安がある、自信がない恐いからという。
だから今日の一席に力の全てを注ぐ。笑いをとる、責任を果たす。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


寒牡丹


上野の東照宮で冬ボタンの真っ最中だ。

TVの映像を見ました。

本来は春咲くものだが温度調節をして今の季節に咲かせたという。

イヤー、見事なものです。

花言葉は「富貴」だそうです。

「風格」「富貴」などのきらびやかな花言葉持つが、外に

「恥じらい」「人見知り」も牡丹の花言葉だという。

ウーム、成る程!!


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時