なぜ、腹を引こめるのか?

ときどき、ガラス戸にときどき自分の横から見た姿を写して見ています。
ここひと月くらいですこーし背中が丸くなっていました。

近所に住むある女性、元民生委員、90近いと思います。
この間お見かけしたとき、背中、肩胛骨の辺りがウンと丸くなっていました。
3年くらい前の民生委員当時はシャキッと立って、目がキラキラして聡明さをうかがわせる方でした。
腰痛で民生委員をやめられたのですが、お見かけする度に背中が丸くなってくるようです。

椅子がけでも正座でもあぐらでもお腹の力が抜けていると背中が丸くなってきます。
ハラ・ハラといっていながら筆者のやっている時間が少ないというかやり方が甘くなっていたようです。

ところが、一々ハラ・ハラといわなくとも、意識せずに自然とお腹に力が入っている方もいらっしゃいます。
合気道10段の藤平光一がそうだったのでしょう。

自分の師でもある中村天風にむかって、「御大は間違って教えている」といって意見したと書いています。
藤平光一はハラを凹ませる必要のない人であり、中村天風はハラを凹ませる必要のあったお方だったのでしょう。
ホンのチョット、ハラを凹ませるだけ上半身・背中・首が伸びてきます。

前にも書いたのですが、藤平光一は神道の「みそぎの行法」に幾度も参加されたようです。
この行法は「とほかみえみため」と大きな声でしっかりと称えるのだそうです。
声が小さいと先輩からどやされるとか。
合気道関係者は藤平の紹介で大勢体験されています。

語りの教室で不動真言を使った発声練習を思い出します。
発声練習でハラができてくるということです。
日本人は骨盤後傾タイプが多いので、ハラ・ハラといってきたと考えました。

もう一つ、気功でいう「站椿功(タントウコウ)」があります。
自然にお腹がまとまってくる立ち方を目指しているのだと考えrています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

戦わずして勝つ

「戦わずして勝つ」あまりにも有名な孫子の兵法に出てくることばです。
織田信長に首を取られて負けた今川義元が、これの類稀な手腕を持つ名手だったそうです。
今川義元のマンガ売れているそうです。

先日のNHKの「知恵泉選「今川義元戦わずして生き残る極意注目の新資料」を見ました。
あの戦国時代にあって戦わずして生き残るとは?
有名なあの桶間の戦においても、そのはるか以前より入念な準備を整え出発した筈だったのです。

甲斐の武田家と敵対関係にありましたが、政略結婚を決意し武田信虎の長女を正室として迎えた。
これに怒ったのが北条家、今川家とは良好な関係にあった北条方に攻め込まれ領土を取られてしまいます。
そこで義元は満を持して挙兵、奪われた領土を取り戻し、そこから北条の領土には攻め込まず和睦してしまうのです。
戦わずして生き残る知恵の1、「相手のプライドを傷つけるな」

今川の領土であった土地を取り返した時点で和睦を申し入れてすんなりと以前の友好状態を取り戻した。
さえあには、長年敵対関係にあった武田を加え武田・北条・今川の三家を結んだ三国同盟に漕ぎつける。
武田は敵対関係にあった上杉との戦いに専念できるし、同様に北条も似た状況にあった北条も同盟に賛成した。
義元の息女が武田家へ嫁ぎ、その見返りとして武田家の娘が北条家へ嫁ぐ、さらには翌年北条家の娘が今川に嫁ぐということで強固な同盟となった。

戦わずして生き残る知恵その二、「相手が大切にしているモノを見極める」
長年不安定であったこの地に安定をもたらしたのである。
そこへ織田と対立関係に三河の松平家から応援の要請があった。
「義元はこれを機に人質を嫡男竹千代(家康)を要求され、11年におよぶ人質生活を送ることになる。」これが従来の定説である。
ところが新資料からすると、松平家は既に人質として竹千代を織田に差し出していたらしい。

三河を支配下に置きたい義元は人質奪還を狙って出兵した。
織田との正面衝突避け、織田の嫡男が城主をしている城を攻め信宏を生け捕りにし、信宏と竹千代と交換することに成功します。
竹千代の後見人ということで三河の支配をやっていきます。
家康はこの間に義元の考え・行動・戦略等をつぶさに学んだに違いない。

戦わずして生き残る知恵その三「相手の戦意をそげ」
あおの桶間の決戦においても用意周到な準備をしておったといいます。
尾張を強国に育て上げた織田信秀が死ぬとご存知の信長と弟の信勝の相続争いが始まります・
織田家の有力の家臣達を調略で寝返らせ、圧倒的な大軍二万五千の大軍を率いて出陣します。
義元は足が短いので馬に乗れなかったから輿に乗ったといわれていますが、これが違うといいます。
ある身分以上の人だけが輿に乗れたというのです。俺はこんなにえらいのだと見せるための輿だったというのです。

戦国武将ならば、みな「戦わずして勝つ」ことを目指していたtでしょう。
秀吉だって「鳥取城の渇え殺し」「高松城の水攻め」がありますし、島津攻めではそれこそ圧倒的な軍勢を見せつけ戦巧者の島津を屈服させています。
さらには北条攻めでもそうです。推定21万人も動員したそうです。
秀吉が武田信玄と上杉謙信が戦った川中島を訪れたとき、「ハカのいかぬ戦をしたものよ」といったという。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

病は気から

■「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大
(朝日新聞デジタル - 08月15日 21:26)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4718614

「チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。」

アレルギーは2人に1人が罹患しており増加の傾向にあるとか。
これらの記事から日本人の半数が突然死の可能性がありそうです。

「鰯の頭も信心から」ということばもあります。
「病は気から」と反対のことばです。

どちらも人間の持つ意識の力が大きく働いていると思っています。
すぐプラセボで片づけられます。

この辺は量子力学の範疇かもしれないが、筆者はホンの読みかじり程度で詳しくはない。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

熱中症・血圧と水分

■【脳を知る】この季節に増える熱中症 帽子・水分補給・規則正しい睡眠…普段から予防策を
(産経新聞 - 08月13日 07:02)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=3&from=diary&id=4714925

「熱中症の初期の症状は、体温の異常な上昇、めまいや立ちくらみ、失神が代表的です。炎天下や暑い室内でのスポーツ、長時間労働などにより体内に熱がこもり、体温が上昇すると、こもった熱を外に逃がし、体温を下げる目的で、皮膚の血管が広がります。すると全身を流れる血液の量が減少して血圧が下がり、脳への血流が低下し、めまいや失神などの症状を生じます。さらに全身の倦怠(けんたい)感や頭痛、吐き気や嘔吐(おうと)、手足の筋肉の「こむら返り」のような症状を伴うこともあります。」

単純に気温が上がれば血管が広がり血圧が下がるのだろうと思っていました。
それはそうだが、体温を下げる目的で自律的に下がるのだそうです。

「お前はそんなことも知らないのか」といわれるかもしれません。
ボンヤリと知っていたが改めて納得です。

腸活を続けて血圧は下がる方向にありました。
毎日測っているわけではないが、おおむね年齢+90の範囲には入っているしとあまり心配しなくなっていました。

猛暑が続き、気温が乱高下すると体調が不安定になってきます。
血圧が下がって喜んでいる場合じゃないことも出てきます。

そうなると普段の血圧を把握する必要があります。
ところが血圧は、ちょっと姿勢を変えただけでかなり変動するものです。
当たり前の話ですが、条件を固定して測定する必要があります。

それから、よくいわれている水分補給です。
チビチビ飲むのがいいのでが、猛暑が続くとチビチビでは間に合わなくなってくるようです。
こういうときはガバガバ飲む必要も出てきます。

ところが冷房が効きすぎていると、水分補給がおろそかになりがちですから要注意です。
身体の方は猛暑に対応して体温を下げようと頑張っているわけですから、
こまめな水分補給どうしても必要です。
思いの外、蒸発する量が大きいようです。

>




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



立ち方・歩き方

カバゴン阿部進氏のことを書きました。
2回の転倒で肩関節・股関節の手術をされた由ですが、
多分、足のゆがみが大きくなっていたのではないかと思われます。
猛暑の影響もあろう。

じきに89才になる語りの師匠も3回転倒されたとか。
でも骨折はなく至って元気で次の公演の指導されている。
人事ではなく、筆者自身股関節の痛みで歩くのに不自由した時期がありました。
転倒ー骨折にはなりたくない。

それには、足のバランスが重要だと立ち方・歩き方に注意しています。
立ったとき足裏に平均した重量を掛け、それをキープしながら歩こうと考えました。
とはいうものの、自分のクセを変えるというのは大変です。

すぐ忘れてしまいます。
躾という和製漢字があります。
しつづけるから躾というのだと書いたことがありました。

いまは普通に立つと外反母趾の拇指丘部分が若干出っ張ります。
以前に較べれば1/3の以下ですが出っ張ります。
それを体重の掛け方で出っ張りは一時的に引っ込みます。
それをなるべくキープするようにして歩くようにしています。

一時酷かった左股関節の痛みは収まっていますが、今度は右股関節に痛みが出ることがあります。
どうも左右重心と前後重心のバランスの問題らしい。
上半身との関係もある。
猛暑→熱中症→失神→転倒も考えておく必要がありそうです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時